So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

Markill ドイツ物  [enders stove]

h 001.JPG

久し振りの荷物です、小さいです。

h 002.JPG

コントロールハンドルです、Optimus系です。

h 003.JPG

Markilです、蝋燭ランタンと焚き火セットです。

h 004.JPG

単三電池を入れて使用します。

h 005.JPG

この小さなファンが回ります。

h 006.JPG

ぐるぐる。

h 007.JPG
   
上下2段式で、下のファンが回ると、上の部分にあった紙や小枝
を燃やす風が入ります。

h 008.JPG

このような説明図が付属しています。

h 010.JPG

使用する予定はありません、Markillの深緑色が悲惨になりそうな。

h 013.JPG

ついでにMarkillの燃料ボトルです。
Endersと同じドイツ物と云うことで、ご容赦ください。
ちっともメンテ進みません。
それは次回に。

Optimus 8 等など [optimus stove]

g 001.JPG

このStoveはOptimus 8です、先日出していました。

g 002.JPG

タンクとバーナーを締め込みます。
使用する材料は水道用のパッキンテープです。

g 003.JPG

バーナーチューブに突起がないと、非常に扱いはデリケート
になります。外す時も、締め込む時も。

g 005.JPG

あまり力を入れ過ぎると、外す時に苦労します。
ネジコミ部分に突起が無いと、難しいのです。

g 006.JPG

Optimus 8と8Rのサポートバーです。
上が8用です、少し高さがあります。
下の8R用は差し込み部分の形状が違います。

g 008.JPG

8用は多少焼けがありましたので、見栄えの良い8R用を使用します。

g 009.JPG

簡単な作業ですが、やって置かないと、忘れてしまいます。
全然Enders 9065が進みません。
ではまた。

Enders メンテはお休み [enders stove]

d 001.JPG

問題はコレです、長----いです。

d 003.JPG

見えますか、この筒の中にウイックが入っています。
筒の中に先端が見えます。
これをどうやって取るのか、問題です。
考え中。

c 001.JPG

寂しいので、Radius 46です。
NOSです、ボトルは違いますが。

c 002.JPG

珍しい、黒染めのニップルレンチです。

c 003.JPG

正真正銘のNOS。

c 004.JPG

良いですね。

c 005.JPG

グッドです。

c 006.JPG

手製で交換部品も作成しています。

c 007.JPG

インストラクションです、原本です。

c 008.JPG

小型ストーブの双璧、Optimus 8の初期軍用です。

c 009.JPG

オリジナルの塗色が良いです。
ただ、バーナーチューブは締め上げていません。
使用する予定はありませんので、締め上げてません。

c 010.JPG

Stoveの使用は所定の燃料で、必ず屋外で使用してください。
火器の原則も解らない方が多過ぎます、メンテも使用も自己責任です。
屋内で燃焼させるのは簡単ですが、ベテランのやる事です。
初心者がやる事ではございません。

ではまた。

Enders 9065 メンテナンス 再開 [enders stove]

a 002.JPG

四月になりました。

a 003.JPG

春爛漫とまではゆきませんが、そこそこ春です。

a 001.JPG

作業台の上がからっぽであります。
年に数日ですが。

a 004.JPG

数年放置のStoveです、Enders 9065です。
オクにはなかなか出てきません、特に国内では。

a 007.JPG

部品単位には、分解してあります。

a 005.JPG

すこしは掃除した記憶があります。

a 006.JPG

なぜ、今まで放置していたか?

a 008.JPG

結構なパーツです、改めて見直すと、この部品は何?
みたいな状態です。

a 009.JPG

ウイックはカラカラに乾いています。
当たり前ですが。

a 010.JPG

タンクです。

a 011.JPG

長----いタンクチューブです。

b 002.JPG

ケースです。
良い感じ。

b 003.JPG

エンダースファンには、堪りません。
ではまた。

b 004.JPG

Radius 43 E 軍用ローラーバーナー  タンクガード [radius stove]

r 001.JPG

先週の続きです。

r 002.JPG

こんな風に加工していますが、これがベストと云う訳ではありません。

r 003.JPG

徐々に出来上がります。

r 005.JPG

ココまでは順調です。
大した工具もなく、ほぼ手作業です。

r 006.JPG

右側が純正のタンクガードです。

r 007.JPG

曲げの過程です。

r 008.JPG

少しずつ曲げて行きます。

r 009.JPG

r 010.JPG

これで形状的には完成です。
あとはバリ取りをします。

s 001.JPG

設置しました。

s 002.JPG

こんな感じ。

s 003.JPG

タンクには、ガードの切れ込み部分で差込みます。

s 004.JPG

どうですか、見た目は良いです。
効果もソコソコ、多少素材が違いますので、熱伝導が違うのかな。
今日はここまで、
ではまた。

前の5件 | -