So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

Primus 96 掃除開始 Campus no,5到着 [svea stove]

j 001.JPG

先週の続きです。
部品単位に分解しています。
早速掃除しています。

j 002.JPG

見にくい写真ですが、先週日曜日は晴れでした。
今日は秋雨と台風接近で、朝から天気は芳しくありません。
という事で。

c 005.JPG

久し振りの登場です、以前は2,3台所持していましたが、
すべて引き取られてゆきました。ドナドナ

c 003.JPG

Optimus 11やCampingoの質感です。
当時のケース塗装の色はこのダークグリーン
です。

c 004.JPG

なぜこの色かと云うと、当時の造船では船底部分
は皆、この色だったそうです。
もっとも使用されていた色。

c 007.JPG

Svea Campus no,5にはポンプ付きと無しがあります。

c 002.JPG

到着はしましたが、皮カップからっから、多少煤汚れがあり、
ということで、考えてます、メンテ。
ではまた。
ということで、サボリ記事でした。

nice!(0)  コメント(0) 

Optimus Campingo No,1 アンティークです。 [optimus stove]

g 010.JPG

前回の写真で解った方は普通に沼に入ってますよ。

f 001.JPG

怪しい粉ではありません。

f 004.JPG

部品レベルに分解しました。

f 002.JPG

漬け込んだ部品です、一日経過しています。

f 003.JPG

これを掃除します。

f 007.JPG

さほど汚れはありませんが。

f 010.JPG

バーナー本体は超音波洗浄しています。

h 002.JPG

2時間経過後、ほぼ終わりです。

i 002.JPG

フューエルキャップに在るNRVです。
これを外します。

i 004.JPG

NRV用のレンチです。
外せないNRVはありません。

i 005.JPG

とまあ、こんなもんです。

i 008.JPG

網網を作りました、煤だらけだったので、広げて
掃除するより、作った方が早い。

i 009.JPG

こんな風に設置します。

i 011.JPG

仮組です。

i 014.JPG

何故仮組みかと云えば。

i 015.JPG

コントロールノブの差込角度が。

i 017.JPG

そうです、タンクガードの切れ込みに。

i 018.JPG

ノブが入る位置に、バーナー本体を設置する?

i 020.JPG

でないと、完成しません。
でも、ノブの先はスピンドルなので、まだ設置してません。
どうしよう、後はGP入れて、スタフィンボックス設置するだけ。

i 021.JPG

次のStoveです。

i 022.JPG

なんでしょう?
ではまた。
nice!(0)  コメント(0) 

Vesta stove 取り合えずオワリ [other stove]

e 001.JPG

もう9月です、お盆終わったと思ったら。
Vestaのフィラーキャップです、圧力弁付きです。

e 002.JPG

この様に設置するのですが、バーナーの上にある真鍮の
部品の使い道が解りません。
分解する時に、何気に外してしまいました。
なんの部品?

e 003.JPG

何処に設置したか。

g 001.JPG

この小さな部品。

e014 spacer.jpg

CCSで見つけた記事には、ウイックの先端をこの部品
に通して、バーナー本体に設置しますと書いてあったよ。

g 002.JPG

と云う訳で、完成です。

e 007.JPG

少しは綺麗になりました。

e 008.JPG

軍用塗色です。

e 009.JPG

固定式のノブです。

e 013.JPG

書いてある文字は読めますか?
Vesta FJ-Psrisです。

e 010.JPG

このフィラーキャップの文字は?
読みにくい。

e 011.JPG

e 012.JPG

ここにもVestaが。

g 004.JPG

でも、Stoveタンクガード無いけど、輻射熱だっけ、大丈夫かな。

g 005.JPG

次の荷物。

g 007.JPG

梱包材、新聞紙。

g 008.JPG

なんでしょう?
ではまた。
nice!(0)  コメント(0) 

Vesta Stove まだです、中途半端な [other stove]

c 001.JPG

プレヒートカップの上に有ります、なんだっけ。
プレヒートウイックを押さえる、なんだっけ。
サビサビなので、アルミで作ろうとしています。

c 002.JPG

取り合えず切ります。

c 003.JPG

子供工作、どちらかと云うと好きです。

c 005.JPG

この続きを。

c 006.JPG

第2回洗濯終了。

d 003.JPG

と、ゴムパッキンを作成。外径16mm、内径12mm(厚2mm)で
フイラーキャップのゴムパッキンを再作成。
このキャップに付いているPipは7mm(厚3mm)でした。

d 001.JPG

荷物です。

d 013.JPG

このStoveです、少し観ています。
メンテ必要ないかな。
nice!(0)  コメント(0) 

Vesta Stove 掃除まだまだ [other stove]

b 001.JPG

お盆も終わり、毎年の事ですが、軽くなった財布
消化した休み。

Vestaはまだ先週と変化なく、汚れた儘です。

b 002.JPG

チューブからウイックは抜きました、やはり鉄製の芯が。

b 003.JPG

スピンドルを抜こうとしています。
まず、ニップルを外します。その際ニードルは引っ込めてください。

b 004.JPG

そこそこニップルが固着していました。
挟んで、9mmのレンチを使用します。
六角9mmなんて、大きいですね。

b 005.JPG

そんなに手こずりませんでした。

b 006.JPG

全部分解出来たので、謎の液体に突っ込みました。

b 007.JPG

第一回洗濯終了です。
今日はココまで、やる気がないです。
ここからは手が汚れます。
ではまた。
nice!(1)  コメント(0) 
前の5件 | -