So-net無料ブログ作成
検索選択

VULCANO 333 メンテ② [Ernst Hãhnel]

いつまで続く残暑、年々夏バテが早くなっております。
暑い中、メンテ小更新です。

035.JPG

懸案のストレーナー探しと抜く作業を行いました。
が.......抜けません。

036.JPG

そこでまた、先駆者の方のブログに載っていた道具の作成
をしました。......いつもすいません、技は盗め....ばかりです。

037.JPG

ぐりぐりやっていましたら、見事抜けました。
ウレシイ!

038.JPG

結構な長さのものでした。

039.JPG

続いて、タンクパッキンの観察。どうもパッキンは二重に
置かれているようです、別の333にも同様な仕様を確認
しました。

040.JPG

横から見ると、このように使用されています。

041.JPG

左側のパッキンは若干大きくて26mm×16mmでした。
内側のパッキンは24mm×16mmですので、被せるような仕様です。

043.JPG

大物の部品だけ薬浴しました。

j 001.JPG

左側の割りピンを調達しました、真鍮製のピンです、鉄道模型用です。











nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 2

道東

初めまして,Vulcanoストーブ検索していた所,こちらにたどり着きました,いやいや,細かいところまで丁寧に修理,再現されていることに驚き感心しております.まだまだストーブ収集初心者ですが,よろしくお願いいたします.自分は8Rとプリ41をメインに使用しております.333はエンダース同様,こった作りになっているのですね.
by 道東 (2015-06-08 18:43) 

piemay

ごめんなさい、滅多にコメいただかないので、見過ごしておりました。
独断と偏見のブログです、ただのStoveの分解と掃除の記事ばかり
ですが、コメいただくと励みになります、よろしくお願いします。
Vulcano333は確かに凝った作りですが、メンテのし易さはまったく
ありません。その点Optimus系はご使用されるのには最高のStoveです、また訪問ください。
by piemay (2015-06-13 17:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0