So-net無料ブログ作成

Optimus 111 ケロシン 不具合? [optimus stove]

連休中です、と言っても水曜日からです。

a 001.JPG

どこかで見たような画像ですが。

a 002.JPG

圧がかからず、燃料が駄々漏れとの依頼でメンテしています。

a 003.JPG

タンク圧は確認しました、あとはバーナー本体です。
だから分解しています。

a 004.JPG

特に問題がなかったタンクです。

a 005.JPG

ニードル抜いて、ニップルとスタフィンボックスも外します。

b 002.JPG

結構ニップル回しは時間が掛かります。

c 001.JPG

タンク内のNRV(ノーリターンバルブ)を抜きます、甞めることが無い道具。
倒立させておいて、タンク側を持って回します、甞め率ほぼゼロ。

c 002.JPG

この位の強度がないと、甞めてしまいます。特注のレンチです。

d 003.JPG

バーナー本体の内部、煤だらけだと圧掛かりません、燃料も
通過しません。
苛性ソーダとクエン酸で掃除します。

d 001.JPG

予想を下回り、ほとんど煤なし。

e 006.JPG

2、3日乾燥させてから、タンクとバーナーを組み付けます。

e 007.JPG

以前は無かったガラス繊維のウイックをプレヒートカップ
に敷きました。

e 001.JPG

今年ケロシンは初めてでしたので、灯油缶から燃料を
移しています。

e 009.JPG

さて、準備完了です。

f 007.JPG

プレヒートが終わって、少しバルブを開けたところです。
問題ありません、なにが悪かったのか??

f 009.JPG

撤収!燃焼のビデオもあるのですが、このブログには
容量大きくて載せられません。
ではまた。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0