So-net無料ブログ作成

Optimus 111 また来ました、 分解だね。 [optimus stove]

k 001.JPG

先週来ました。

k 002.JPG

Optimus 111のFor keroseneです、初期のOptimus 111の
復刻版みたいな、灯油専用バージョンです。
所謂111 internationalです。

k 003.JPG

たいして期待してなかったのですが、使用感のほとんど無い
Stoveでした。なかなか良い、なんと言っても分解の必要がありません。

k 004.JPG


またまた、行方不明だったStoveです、ひと月遅れで到着しました。

k 005.JPG

何がなんだか解らない画像ですが。

k 006.JPG

毎日時間が無いので、仕事から帰ってきて1時間程作業しました。

k 009.JPG

ケースはご覧のとおり、サビだらけです。

k 011.JPG

圧力弁付きのフィラーキャップを外しました。
万力に挟んで、インパクトドライバーを使います。
この方法が一番安定していて、螺子を甞めません。

k 012.JPG

ゴムパッキンを作成する為のポンチ類です。

k 013.JPG

作ってあったもので間に合いました。
フィラーキヤップのPipもNRVのPipもコルクでした。

k 014.JPG

問題のヘッドです、ニップルが超固着しています。
とりあえず、スピンドルそのままで、超音波洗浄しました。

k 015.JPG

その他の部品は真鍮製の物を除き綺麗になりました。

k 016.JPG

付属のスピリットボトルです。

k 018.JPG

これのサビ止めを。

k 019.JPG

黒サビ変換スプレーを掛けました。

k 017.JPG

まだ、駄目なので苛性ソーダ漬け込みです。
おいしくありません。

k 020.JPG

トーチで炙りながら外しています。

k 021.JPG

やっと、外れました。
なんかガタガタかな。

j 002.JPG

これは漏斗です、これも初期型111には付いていたようです。
内部の真鍮製チューブが外れていたので、半田付けします。

j 001.JPG

熱逃がし用のクリップで挟んでいます。

j 005.JPG

はい、完成です。
なにかと、忙しいです、急いでいます。
来週にはOptimus 22が来ます。
また、部品のヤマです。
ではまた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0