So-net無料ブログ作成
検索選択

Optimus Campingo no,1 明日は大晦日 [optimus stove]

d 001.JPG

訳の解らない写真ですが、これはRadius 43の軍用ケースを
リペイントしています。
あまりの快晴、気温もこの時期には温暖でした。
塗装を剥がした状態で来たケースが2台もありました。

d 002.JPG

この缶は以前に使用していた溶剤の缶です、これを軍用の携行缶の様な、
あくまでも目論みですが。

d 006.JPG

過日の記事の続きです、コンロールノブの操作がし難いので調整しました。
調整するにはほとんど全バラです。

d 008.JPG

Optimus Campingo no,1のポンプチューブはタンクから出べそ状態です。
これはタンク上にチューブがある場合ポンプのストロークが短い為に圧が掛かり
難いのです。
Optimus 11の初期も同様ですが、ケースの収納上ポンプチューブは短い
ままです。

d 009.JPG

圧力弁付きのフューエルキャップも何故か長いのです。
手作り感のあるフューエルキャップです。

d 010.JPG

本体とタンクを繋ぐチューブには突起があります。これはケースにある出っ張りで
それ以上手前に行かない工夫です。

d 011.JPG

ケースにはご覧のようにタンク接続の金具があります、これは大概のパターンです。

d 012.JPG

ケースに対して左寄りに設置されます、これは長いストロークのスピンドルを
操作するスペースです。

d 013.JPG

ケースの大きさの割りに小さなバーナー本体です。

d 014.JPG

タンクガードの右側にある切れ込みにスピンドルが入ります。

d 015.JPG

このスピンドルの角度を調整しないとタンクガードにうまく入りません。
うまく入っても操作がし難い場合もあります。

d 016.JPG

この角度でないと、タンクガードが邪魔したり、うまくスピンドルが操作出来ません。

d 017.JPG

なかなか難しい調整です、ノブを付けて終了です。

d 018.JPG

最終的に、しっかりケースに収納出来ないと、失敗です。
以上何かと面倒な調整でした。
ケースにタンクを据え付けるのも苦労します。
ではまた。

Radius 43のケースと本体の設置は次回です。
では良いお年を。

03.JPG

Svea Maxsievert 589です。 [svea stove]

a 001.JPG

このStoveは当方所持する唯一のUFOタンク型です。
メンテといってもNOSですので、特に何もする必要がありません。
かなり大型です、大鍋なんか余裕に調理可能です。

a 002.JPG

初期のMaxsievertですので細部の部品には刻印があります。
123の比ではありません、またの名をAequator no,6と申します。

a 003.JPG

このStoveは大型の風防を完備しています、真鍮のぺらぺらではありません。

a 004.JPG

刻印は簡単に589です。

a 005.JPG

ローラーバーナーです。

a 006.JPG

当然ポンプノブ近辺にも刻印があります。

a 007.JPG

コントロールノブは大変短く、ピンで留めます。

a 008.JPG

圧力弁付きのフューエルキャップとMaxsievertの刻印。

a 009.JPG

これが風防です、重量級です。
Maxsievertのエンボスが重厚です。

a 010.JPG

この様に風防には開閉式のドアが。

a 011.JPG

上からの写真です、バーナーの上にCampusシリーズに有る様な五徳が載せられます。

a 012.JPG

風防の蓋です、ココにもMaxsievertの刻印が有ります。
凝っています、初期のMaxsievertの質感は最高です。

a 014.JPG

吊り下げ出来るハンドルも付属しています。

a 013.JPG

多分、これは輸入個体としては唯一です。
このStoveは軍用でも、ハウスホルドやキャンプ用ではありません。
このStoveの用途は錫の溶解用です、製造数は少なかったようです。

Optimus 111T メンテ①、Optimus Campingo no,1 [optimus stove]

この季節にしては暖かい日々が続きます。
こんな陽気だから、かえって風邪を引きます。

a 001.JPG

やることは山ほど有ります、昨日はまったく、なんとかの撹乱で作業進まず。

a 002.JPG

とりあえず、Optimus 111Tをやっけようと。

a 003.JPG

本体は煤だらけですが、あまり使用感はありません。
煤も染み込んだ状態ではありません。

a 004.JPG

風防も煤が付いていますが、サビが無いので楽勝かな。

a 005.JPG

ケースは写真では解りにくいですが色々な汚れがあります、サビは無いです。

a 006.JPG

大半が煤汚れでした。

a 007.JPG

ピッチ汚れと煤は除去しました。

a 008.JPG

薬剤を使用して、まずピカピカに。

a 009.JPG

バーナー本体はなかなか完璧には綺麗になりません。
この程度でやめます。

a 010.JPG

このバーナー本体、どうかな、何か瑕疵があるような。

c 001.JPG

続いてOptimus Campingo no,1です。

c 002.JPG

このStoveは、この沼に嵌まり込んだ時期に入手したものです。
今はこのような状態のStoveは手に入りません。

c 003.JPG

今となってはなかなか市場に出てきません、Optimus Campingo no,2も同様。

c 004.JPG

ケースです、内側は耐熱塗料を塗ってあります。
今頃このStoveを出して来たのは、コントロールノブの調整の為です。
コントロールノブの調整≒全バラシです。
きょうはココまで。

Primus 71 early model [primus stove]

01.JPG

ほんとに暖かい日が続きます、外作業も楽です。
今日はPrimus 71 early modelです、勝手にearly modelとしています。

02.JPG

タンクの容量が小さい、タンクの高さも後期のものと比較すると7割くらい。

03.JPG

ケースはハンマーペイントです、このケースは結構ヨーロッパ方面で多く見られます。

04.JPG

分解は楽です。

05.JPG

例によって超音波洗浄です、薬剤はクリーンエースSです。
クエン酸洗剤混合との差はあまり有りません。

06.JPG

ついでにRadius 43のタンクも掃除しました。

f 001.JPG

部品点数が少ないのが円筒型の特徴です。

f 002.JPG

タンクの大きさはまるで親子です。

f 003.JPG

小物は掃除完了です。

f 004.JPG

全て完了です。

g 001.JPG

あとはウイックを設置して終わりです。

g 002.JPG

ウイックには針金が有りませんでしたので、真鍮の針金を巻いています。

g 003.JPG

完成です、左側がPrimus 71 early modelです、右側は後期の71Eです。

g 004.JPG

ケースに収納すると、ご覧のとおりです。
右の物はArmy No.7 caseです、英国で捕獲されます。
汎用ケースです、Optimus 80、Radius 42のケースにもなります。

g 005.JPG

タンクと本体の大きさは歴然です。

g 006.JPG

Radius 42やOptimus 80、Svea maxsievert 123等ありますが。
やはり初期の物は良いです、稀少度から言えばCampus 3が断然です。

おわり。

Shinabro 170-GR メンテナンス WESTERN MOUNTAINEERING ion parka [other stove]

c 002.JPG

我が家のツバキ、雛侘助が気がついたら咲いていました。
今年の冬は暖冬だそうです。

a 001.JPG

いきなり、韓国のStoveをばらしています。

a 002.JPG

掃除を開始。

a 004.JPG

無論全部を掃除。

a 005.JPG

開始1時間ほどで終了です。

c 003.JPG

タンクと本体も磨きました。

g 004.JPG

ケースです、Optimus 8RのクローンStoveは各国にあります。

g 005.JPG

これは韓国のShinabro 170-GRです。
塗色はブラウン、Phoenixとしてアメリカで販売されたものです。
まったく同一ですが、このケースにはエンボス加工で170-GRとあります。

h 006.JPG

GPを新たに入れ直しました、ニードルとスピンドルはそのまま使用。
ニップルは多少傷みがありますが交換用が1個しかなかったのでそのままです。

h 008.JPG

完成です。

h 009.JPG

独特のカラーのハンドルです。

f 001.JPG

まったく関係ありませんが、Western MountaineeringのIon Parkaです。
日本での販売もあるのですが、値段が高いので個人輸入しました。
このメーカーは日本への輸入対応していません。


f 002.JPG

優れもののパーカーです、850フィルパワーのダウンですが、外側にモッコリしません。

f 005.JPG

右側はPatagoniaのDas Parkaです、サイズはいずれもSですが、若干Ionの方
が数センチ丈が短いです、防寒着としては比較にならない程の差があります。
暖冬だというのに、いつ着るのでしょうか。