So-net無料ブログ作成
検索選択

Radius 43E Silent リペイント用意 [radius stove]

u 001.JPG

Radius 43E Silent とShinabro 170-GRです。
これをリペイントしようとおもいます。

u 002.JPG

どちらもペイントが駄目です。

u 003.JPG

あっと云う間に塗装が剥がれていますが、時間掛かります。
あまりペイント剥がし剤が無かったのです。

u 004.JPG

Shinabro 170-GRのケースは錆だらけです。

u 005.JPG

Radius 43E Silent はまずまずです。

u 006.JPG

まだこの刻印が見える内は大丈夫ですが。

u 007.JPG

内部はこんな塩梅です。
本日はココまで、実はこの作業は先週日曜日に行いました。
今日は一日中仕事でした。

u 009.JPG

マウンテンリサーチのガスカートリッジケースです。
このケースはチョークで文字が描けます。

u 008.JPG

着せるとこのようになりますが?好き嫌いありますね。
ではまた。

Radius 43E Silent お掃除③ [radius stove]

t 001.JPG

8月も後半になりますが少しも涼しくなりません。

t 002.JPG

このケースの塗装をどうしたら良いか。
リペイントはいいのですが、塗料が水性ペイントだったようです。
少し掃除の為にヤマルベを使用しても、ペイントが剥がれます。

ウレタン塗料を使用したいのですが、コスト掛かりすぎます。
一般のブルーではオリジナルのブルーはメタリックですので、マッチング
がどうかな。
もう少し考えて.....と。

t 003.JPG

左側の部品は掃除したのですが、右側の部品を忘れていました。

t 004.JPG

t 005.JPG

早速涼しいうちに、朝一番ヤル気のある内に。

t 006.JPG

綺麗になりました。

t 007.JPG

フューエルキャップのゴムパッキンを再作成しました。
18mm×厚2mmでした。

t 008.JPG

ポンプの螺子はこの様な小型レンチを使っています、アルミ製ですが剛性
は十分です。

t 009.JPG

大体この螺子は7mmか8mmです。

t 010.JPG

ポンプ一式ごとコールマンのリュブリカントに漬け込みます。
だんだん暑くなったので作業はココまでです。
ではまた。

Optimus 8F 掃除終了 [optimus stove]

g 001.JPG

お盆休みも今日かぎり、明日から仕事です。
なかなか仕事モードに換えるのは難しいです。
いきなり掃除は完了しています。

g 002.JPG

磨きも終わりました、バーナー本体の焼けも少ない個体でした。

g 003.JPG

前回のOptimus 8Fより少し状態は良いです。
ウイッグも交換の必要もなく、割りとかんたんな掃除でした。

g 004.JPG

メッキタンクの錆もなく、サイドにあるケースとタンクガード用のホール
に傷がある場合が有りますが、この個体は傷もなくとても良い状態です。

g 005.JPG

圧力弁付きのフューエルキャップのゴムパッキンも再作成して交換。
18mm×9mm厚さ2mmです。PIPは5mm×厚さ3mmで作りました。
PIPはポンチの精度が悪いので多く作り、合いそうな物をセットしました。
以上簡単な掃除でした。

来週はRadius 43 Silentを完了したいのですが、どうもケースの
ペイントが駄目です、リペイントするとなると、時間掛かりそうです。
ではまた。

Radius 43E Silent お掃除② [radius stove]

s 004.JPG

お盆です、なかなか忙しく、メンテも少しずつしか進みません。
屋外の作業やキャンプで活躍しているSTRONTECです、これが優れものです。
発売当初から使っています。

s 005.JPG

まずはケースの掃除からやっています。
いつものヤマルベです。

s 008.JPG

バーナー本体を掃除するためには、スタフィンボックスを外して
ニップルやニードルも外します。

s 009.JPG

やはりニップル外しには力の掛かり易い、長い物が良いですね。

s 010.JPG

問題はココからです、スピンドルを外してもバーナーガードは外せません。
画像の上に有る部分が挿し込み式になっています。

s 012.JPG

プレヒートカップをグルグル回して外します。
そうすればバーナーガードが外せます。

s 014.JPG

いきなり飛んでいます。タンクの磨きに入っています。
半分だけ磨きました。

s 015.JPG

タンクは完成です、バーナー本体は出来る範囲で掃除しました。
掃除はココ迄。


s 016.JPG

先週買ったOptimusのカタログです、1974年のカタログ復刻版ですか?
どういうものか調べていません。

s 017.JPG

s 018.JPG

項目別に網羅されています。
Optimus 155や535、8R等、Optimus 123、88などなどの部品ナンバーや価格
が載っています。
まるで電話帳のような細かさです。

s 019.JPG

s 020.JPG

s 021.JPG

s 022.JPG

Optimus 155の製図かな?

s 023.JPG

別紙の挨拶文かな?

ではまた。

Optimus 8F またまた入手 [optimus stove]

b 002.JPG

まだ先月に記事を挙げたばかりのOptimus 8Fですが。

b 003.JPG

またまた買ってしまいました。

b 004.JPG

先月の個体と比較すると、ほとんど程度は一緒です。

b 005.JPG

使用されていますが、そんなに汚れていません。

b 006.JPG

外箱が付いていました。
しかし取扱説明書はありませんでした。
掃除は大して時間は掛かりません。

optimus 8 Ⅰ test.jpg

これは過去入手した取説ですが、資料として撮ってありました。
現物はありませんが。
ではまた、お盆近くなり、なかなか忙しいのです。

Rsdius 43E silent  [radius stove]

r 001.JPG

熱いです。
夏なので当たり前ですが。

r 002.JPG

先週到着したRsdius 43E silent です。

r 003.JPG

掃除を始める前に。

r 004.JPG

なんとなく撮った写真ですので、特に意味があるわけではありません。

r 005.JPG

タンクはもう少し綺麗になりそうです。

r 006.JPG

バーナー本体は、かなり綺麗になりそうです。

r 008.JPG

部品の傷みもなく。

r 009.JPG

あるべき部品も有ります。

r 007.JPG

問題はバーナー本体の掃除には、勿論タンクとの分離とバーナーガードを
外さなくてはならない事です。

スピンドルやスタフィンボックス、ニードルも抜かなくては、ガードは外れません。
そこまでやればバーナー本体は掃除出来ますが?

綺麗にするだけで、まったく問題の無いバーナーを分解する必要がありますか?

よく考えてから。