So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年05月| 2017年06月 |- ブログトップ

Primus no,77 観てみた [primus stove]

a 001.JPG

今日の荷物ではありません。
かなりデカイです。

a 002.JPG

梱包材をとったら、こんな小さな本体でした。

a 013.JPG

下がOptimus 22です、ひと回り大きいのですが。

a 009.JPG

こんなタンクです。
ARですので、1952年製。

a 008.JPG

ポンプノブはネジ込み式です。

a 005.JPG

サイレントバーナーの様な、このStoveの後期モデルの特徴です。

a 006.JPG

プレヒートの方法ですか?
よく解りません、勿論初めてのStoveなので。

a 010.JPG

どうですか?こんな画像ばかりでは、イライラしますね。

a 007.JPG

だんだん全貌が。

a 004.JPG

ここまで来れば解かりました。

a 012.JPG

別にクイズではありません、表題どおりです。

a 011.JPG

Primus no,77です、いい時代のStoveです、オリジナル
を保って綺麗にレストアされています。
1ヶ月以上前に到着していますが全然触れていません。
他のStoveで忙しすぎ。
ではまた。

Campus No,3 前期と後期の違い [svea stove]

c 002.JPG

本当に空梅雨ですね。

c 003.JPG

完成した前期です。

c 004.JPG

ノブの鎖は今のSvea 123に付いている物です。
ちょっとゴツイ。

c 005.JPG

タンクガードです、大概前期のガードはサビだらけです。
でもこのガードはメッキが良い状態です。
もちろん、再メッキして頂きましたが、元々の状態も良かったのです。

c 006.JPG

良いです。

c 008.JPG

圧力弁付きのフューエルキャップはゴムパッキンとPipは
交換しました。

c 009.JPG

中々無いのですCampusは。

c 010.JPG

後期です、ガードは真鍮です、だからメンテは楽です。

c 011.JPG

付属していたノブです、ぱっと見オリジナルでは無さそうです。
でも、このバタフライ型は他で見た覚えがあります。
はて、どこで見たのかな?単純にオリジナル外だと思えません。

c 014.JPG

アルミのカップは前期に付いていたものの方が状態は良かった。

c 015.JPG

後期のトッププレートはMax Sievert 123の物と同一です。

c 016.JPG

どうです。

c 017.JPG

Max Sievert 123とは一味違います。

c 018.JPG

後期のガード、良い作り込み。

e 011.JPG

以上、明日仕事入ってますので、今日アップしました。
ではまた。


Campus No,3 後期モデル  [svea stove]

u 003.JPG

梅雨に入ったそうです、天気良いです。
Radius 21の部品です、掃除したのですがあまり変化
ないです。

u 005.JPG

タンク本体もこんなもんです。

u 008.JPG

完成です、見た目ほど使用はされていませんでした。
ポンプ皮やゴムパッキンの交換も必要なかったです。

u 011.JPG

LTDモデルです、みんなが好きなシューティングアローは
ありません。

u 012.JPG

まあ、Radiusですが。

v 001.JPG

つぎの荷物は。

v 002.JPG

いきなり掃除しています。

v 003.JPG

泡泡になってます。

v 005.JPG

掃除は完成です、タンク内部見ましたがウイックも
問題なさそうなので、タンクとバーナーの分離はしません。

w 003.JPG

ということで、Campus No,3の前期と後期の掃除が
終わりました。
詳細は次号に。

Campus no,3 とか色々の掃除 [svea stove]

s 001.JPG

Campus no,3のフィラーキヤップのゴムパッキンとPipを作成しました。

s 003.JPG

本体の掃除は終わりました。

t 001.JPG

Campus no,3のカップです、アルミ製です。
そんなに汚れていませんが、一応クエン酸で洗います。

t 003.JPG

掃除が終わった部品です、風防は再メッキしました。
最近お知り合いになった方にお願いしました、とても綺麗になりました。
詳細は後日、完成してから披露します。

t 005.JPG

まだ掃除が終わっていない部品です。

s 005.JPG

Swedenから来たStoveです。

s 006.JPG

Radius 21です、汚いです。

t 004.JPG

早速掃除しようと思っています。
というか、ヤラナイとドンドン部品で埋まります。

t 006.JPG

ケースは使用感やサビ、ペイントロス等あるものの、大きな
欠点もなく、フツウ。

t 007.JPG

タンク本体は圧も掛かるし、まず良いと思います。
今日はココまで。

2017年05月|2017年06月 |- ブログトップ