So-net無料ブログ作成

Vesta Stove まだです、中途半端な [other stove]

c 001.JPG

プレヒートカップの上に有ります、なんだっけ。
プレヒートウイックを押さえる、なんだっけ。
サビサビなので、アルミで作ろうとしています。

c 002.JPG

取り合えず切ります。

c 003.JPG

子供の工作、どちらかと云うと好きです。

c 005.JPG

この続きを。

c 006.JPG

第2回洗濯終了。

d 003.JPG

と、ゴムパッキンを作成。外径16mm、内径12mm(厚2mm)で
フイラーキャップのゴムパッキンを再作成。
このキャップに付いているPipは7mm(厚3mm)でした。

d 001.JPG

荷物です。

d 013.JPG

このStoveです、少し観ています。
メンテ必要ないかな。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Vesta Stove 掃除まだまだ [other stove]

b 001.JPG

お盆も終わり、毎年の事ですが、軽くなった財布と
消化した休み。

Vestaはまだ先週と変化なく、汚れた儘です。

b 002.JPG

チューブからウイックは抜きました、やはり鉄製の芯が。

b 003.JPG

スピンドルを抜こうとしています。
まず、ニップルを外します。その際ニードルは引っ込めてください。

b 004.JPG

そこそこニップルが固着していました。
挟んで、9mmのレンチを使用します。
六角9mmなんて、大きいですね。

b 005.JPG

そんなに手こずりませんでした。

b 006.JPG

全部分解出来たので、謎の液体に突っ込みました。

b 007.JPG

第一回洗濯終了です。
今日はココまで、やる気がないです。
ここからは手が汚れます。
ではまた。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Vesta Stove 掃除開始 [other stove]

a 001.JPG

お盆休みに入っています。
と言っても、カレンダーどおりです。
Vestaの掃除を開始しました。

a 002.JPG

分解するには、ケース裏面にあるボルトを外す必要があります。
それには、インパクト六角のソケット11mmが必要でした。
kokenのセミディープ12.7mmです、レンチは12.7mmしか持ってません。

a 003.JPG

別にこんな長いソケットは必要ありません、これが一番コスパが良かった。

a 004.JPG

とまあ、かんたんに外れるのですが、ソケット代1,345円也。

a 005.JPG

外してみると、さびさびでした。
相変わらず、汚れやさびとの格闘です。
お盆です、ご先祖様に感謝。
ではまた。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Vesta Stove フランスの火器って? [other stove]

l 001.JPG

8月に入りました。
ということで、今日はフランスのStove、Vestaを見てゆきます。

l 002.JPG

特徴的なタンクです、容量の割りにヘビーな造りです。
どう見ても重そう、なにせ鉄製ですから。

l 003.JPG

歴戦のツワモノです。

l 005.JPG

少し、スウェーデン物とは違います。

l 006.JPG

ケースに固定されています、Fuhrmeisterもこんな感じ。

l 007.JPG

見えますか?うっすらとVestaのエッチングが。

l 009.JPG

VestaとParisとあとはFJって何?

l 011.JPG

早速掃除です。

l 012.JPG

タンクを銜えて、バーナー本体を回します。
なんか頑丈なウイックです。

l 013.JPG

こんどはバーナートップを外します。

l 016.JPG

ココまでバラシました。
ではまた。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー