So-net無料ブログ作成

Optimus kokutrustning 10/S M8210 [optimus stove]

t 001.JPG

なんか、大きな荷物が着ました。

t 002.JPG

写真でしか見た事無いので、実物は初めてです。

t 003.JPG

まあ新品ではないので、其れなりに汚れています。
ただ、デカイ。

t 004.JPG

元々スウェーデン軍用の野営調理ストーブなので、
割りと合理的なデザインです。

t 005.JPG

タンクは22より小型です、Campingo no,1の容量程度かな。
Campingo no,1のタンクほどオデブではありません。
22のタンクを小振りにしたような。

t 006.JPG

ケースは鋼製です、だから重たいのです。
コントロールノブが外に出ています。

t 007.JPG

灯油ストーブ

t 008.JPG

早速分解しています。
天気が良いので、楽です。

s 002.JPG

わたしのUkuleleです、 Santa Cruz Guitar CompanyのUk-3koaです。

s 004.JPG

よく言われます、腕が伴ってないと。

s 006.JPG

Santa Cruz Guitar Companyはギターメーカーです。
Ukuleleは製作数少ないです。

s 007.JPG

綺麗なカーリーコアです。
ストーブはまたね。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Radius 46 とか Primus 96 メッキ仕様とか [radius stove]

r 001.JPG

今日も夏日、こんな日は掃除です。
Radius 46のケースを塗装しようと、ペイントを剥離
しました。

r 002.JPG

所処サビが出ていました。

r 003.JPG

Radiusの特徴的なエンボスです。

r 004.JPG

内部はこのような状態でした。

r 005.JPG

黒サビ変換スプレーを掛けてます。
しばし、乾燥するまでは放置です。

r 006.JPG

Primus 96を超音波洗浄します。

r 007.JPG

洗浄液がどろどろです。

r 008.JPG

Primus 96のメッキタンク仕様です。
真鍮仕様と違い、これ以上輝きません。
ではまた。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Radius 43 タンクガード作成 [radius stove]

q 001.JPG

うららかです、こんなお天気に何しますか?

q 002.JPG

アルミの板からRadius 43 タンクガードを作っています。
今は見本が有るので、再作成はし易いです。

q 003.JPG

切り欠き部分は大まかに切断しました。
細部の合わせを検証しています。

q 004.JPG

まず、挟んでおいて。
手作業でヤスリ掛けです。

q 005.JPG

そこそこの形になったら、今度は曲げです。

q 006.JPG

また、挟んでおいて、感覚で曲げます。

q 007.JPG

ほどほどですが完成です。
怪我をしないようにバリを取ってあります。
今日はココまで、ではまた。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Primus 96 軍用ケース [primus stove]

p 001.JPG

スウェーデンから着ました、わずか4日程で到着。
よくスウェーデンから輸入しますが、普段の航空便では
2週間前後日数を要します、この差はよくわからんのです。
多分郵便小包扱いは早いのかな。

p 002.JPG

コンパクトに上手な梱包です。
荷物が壊れなければ、どういう形でも良いのですが。

p 003.JPG

中身はPrimus 96の軍用です。

p 004.JPG

と云いながらも、掃除をしようと。

p 005.JPG

メッキタンクです。
汚れています、ケースもサビがあります。
でもケースの中身も揃っています。

p 007.JPG

昨日からの雨で、掃除は進捗ありません。
ときどき弾くUkuleleです。
あまり皆様は興味が無いかもしれませんが、手頃な楽器です。
すこしの練習で弾けますよ、ただStoveと一緒で、増殖に注意。

p 006.JPG

尺が短いので、久々の登場です。
にゃんこ先生です。
すいません、ココまで。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Radius 46 メンテ3 [radius stove]

o 001.JPG

メンテしています、まずゴムパッキン再作成しました。

o 003.JPG

フィラーパッキンです。

o 004.JPG

こんな面倒な圧力弁側の部品です。

o 005.JPG

再作成した5穴のゴムパッキンを設置します。

o 006.JPG

押さえのスプリングを乗せます。

o 008.JPG

上蓋をネジコミます。

o 010.JPG

ウイックは全く交換の必要がありませんでした。

o 011.JPG

タンクへウイックを差し込みます。

o 014.JPG

ニードル、ニップル、スピンドル等々を設置してバーナー部の完成です。

o 015.JPG

予備のパッキンもあります。

o 017.JPG

8Rとは全然質感が違います。

o 018.JPG

こうして、見るとタンクの大きさにマッチングしていない
圧力弁付フィラーキャップです。

o 020.JPG

機関部の完成です。
問題はケースです、どうしようか?
ではまた。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー