So-net無料ブログ作成
svea stove ブログトップ

Maxsievert Svea campus nr,5 少し掃除 [svea stove]

p 005.JPG

秋雨やら、台風やら、季節感が無い。
ということで、今週はCampus nr,5を掃除しています。

p 006.JPG

元々使用歴の少なそうな個体でした。

p 007.JPG

真鍮部分の燃料焼けもなく、煤払い程度です。

p 008.JPG

まだ、クリーニングニードルの機構も無い頃のStoveです。
当時の冶金技術では恐らく最高レベルの仕様です。

p 009.JPG

タンクは真鍮製です、バーナー本体と繋ぐ補助金具は鉄製
です。異種の金属を溶接してあります。

p 010.JPG

まあ確かにこの部分は掃除する場合は気を使います。

p 011.JPG

バーナーのスリットから大きなニップルが見えます。

p 012.JPG

左側は圧力弁です。右側はフューエルキャップです。

p 013.JPG

ご存知のアウターキャップです。

p 015.JPG

RadiusとMaxsievertは大好きです、特にCampusシリーズは
個体数も少なく、状態の良い物は少ない。

p 014.JPG

と云うことで掃除終わり、今週末は台風が襲来します。
ではまた。

q 001.JPG

来週は何でしょう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Primus 96 掃除開始 Campus no,5到着 [svea stove]

j 001.JPG

先週の続きです。
部品単位に分解しています。
早速掃除しています。

j 002.JPG

見にくい写真ですが、先週日曜日は晴れでした。
今日は秋雨と台風接近で、朝から天気は芳しくありません。
という事で。

c 005.JPG

久し振りの登場です、以前は2,3台所持していましたが、
すべて引き取られてゆきました。ドナドナ

c 003.JPG

Optimus 11やCampingoの質感です。
当時のケース塗装の色はこのダークグリーン
です。

c 004.JPG

なぜこの色かと云うと、当時の造船では船底部分
は皆、この色だったそうです。
もっとも使用されていた色。

c 007.JPG

Svea Campus no,5にはポンプ付きと無しがあります。

c 002.JPG

到着はしましたが、皮カップからっから、多少煤汚れがあり、
ということで、考えてます、メンテ。
ではまた。
ということで、サボリ記事でした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Campus No,3 前期と後期の違い [svea stove]

c 002.JPG

本当に空梅雨ですね。

c 003.JPG

完成した前期です。

c 004.JPG

ノブの鎖は今のSvea 123に付いている物です。
ちょっとゴツイ。

c 005.JPG

タンクガードです、大概前期のガードはサビだらけです。
でもこのガードはメッキが良い状態です。
もちろん、再メッキして頂きましたが、元々の状態も良かったのです。

c 006.JPG

良いです。

c 008.JPG

圧力弁付きのフューエルキャップはゴムパッキンとPipは
交換しました。

c 009.JPG

中々無いのですCampusは。

c 010.JPG

後期です、ガードは真鍮です、だからメンテは楽です。

c 011.JPG

付属していたノブです、ぱっと見オリジナルでは無さそうです。
でも、このバタフライ型は他で見た覚えがあります。
はて、どこで見たのかな?単純にオリジナル外だと思えません。

c 014.JPG

アルミのカップは前期に付いていたものの方が状態は良かった。

c 015.JPG

後期のトッププレートはMax Sievert 123の物と同一です。

c 016.JPG

どうです。

c 017.JPG

Max Sievert 123とは一味違います。

c 018.JPG

後期のガード、良い作り込み。

e 011.JPG

以上、明日仕事入ってますので、今日アップしました。
ではまた。


Campus No,3 後期モデル  [svea stove]

u 003.JPG

梅雨に入ったそうです、天気良いです。
Radius 21の部品です、掃除したのですがあまり変化
ないです。

u 005.JPG

タンク本体もこんなもんです。

u 008.JPG

完成です、見た目ほど使用はされていませんでした。
ポンプ皮やゴムパッキンの交換も必要なかったです。

u 011.JPG

LTDモデルです、みんなが好きなシューティングアローは
ありません。

u 012.JPG

まあ、Radiusですが。

v 001.JPG

つぎの荷物は。

v 002.JPG

いきなり掃除しています。

v 003.JPG

泡泡になってます。

v 005.JPG

掃除は完成です、タンク内部見ましたがウイックも
問題なさそうなので、タンクとバーナーの分離はしません。

w 003.JPG

ということで、Campus No,3の前期と後期の掃除が
終わりました。
詳細は次号に。

Campus no,3 とか色々の掃除 [svea stove]

s 001.JPG

Campus no,3のフィラーキヤップのゴムパッキンとPipを作成しました。

s 003.JPG

本体の掃除は終わりました。

t 001.JPG

Campus no,3のカップです、アルミ製です。
そんなに汚れていませんが、一応クエン酸で洗います。

t 003.JPG

掃除が終わった部品です、風防は再メッキしました。
最近お知り合いになった方にお願いしました、とても綺麗になりました。
詳細は後日、完成してから披露します。

t 005.JPG

まだ掃除が終わっていない部品です。

s 005.JPG

Swedenから来たStoveです。

s 006.JPG

Radius 21です、汚いです。

t 004.JPG

早速掃除しようと思っています。
というか、ヤラナイとドンドン部品で埋まります。

t 006.JPG

ケースは使用感やサビ、ペイントロス等あるものの、大きな
欠点もなく、フツウ。

t 007.JPG

タンク本体は圧も掛かるし、まず良いと思います。
今日はココまで。

Campus no,3 前期型 掃除 [svea stove]

q 006.JPG

満開はまだまだかな?

ra 001.JPG

石楠花は昨日の雨で散りました、代わりといってはなんですが、
この花はドクダミです、なかなか可憐な、ドクダミとは見えないです。

p 001.JPG

またまた、Enders 9065にはプラケースへ。

p 002.JPG

またまた、Campus no,3の掃除を開始しました。

p 003.JPG

前期のメッキタンクです。

p 004.JPG

大した部品ではありませんが、とても大事。

p 005.JPG

お馴染みの部品です。

p 006.JPG

風防兼五徳金具です。

q 001.JPG

いきなり挟んでます。

q 002.JPG

インパクトドライバーで叩きます。
この方法が螺子頭甞めません。
圧力弁付きのフィラーキャップにはこの方法がベスト。

q 003.JPG

いきなり超音波洗浄です。

q 004.JPG

第一次洗浄、といってもこれ以上はやりません。
今日はココまで。
ではまた。

Svea Maxsievert 589です。 [svea stove]

a 001.JPG

このStoveは当方所持する唯一のUFOタンク型です。
メンテといってもNOSですので、特に何もする必要がありません。
かなり大型です、大鍋なんか余裕に調理可能です。

a 002.JPG

初期のMaxsievertですので細部の部品には刻印があります。
123の比ではありません、またの名をAequator no,6と申します。

a 003.JPG

このStoveは大型の風防を完備しています、真鍮のぺらぺらではありません。

a 004.JPG

刻印は簡単に589です。

a 005.JPG

ローラーバーナーです。

a 006.JPG

当然ポンプノブ近辺にも刻印があります。

a 007.JPG

コントロールノブは大変短く、ピンで留めます。

a 008.JPG

圧力弁付きのフューエルキャップとMaxsievertの刻印。

a 009.JPG

これが風防です、重量級です。
Maxsievertのエンボスが重厚です。

a 010.JPG

この様に風防には開閉式のドアが。

a 011.JPG

上からの写真です、バーナーの上にCampusシリーズに有る様な五徳が載せられます。

a 012.JPG

風防の蓋です、ココにもMaxsievertの刻印が有ります。
凝っています、初期のMaxsievertの質感は最高です。

a 014.JPG

吊り下げ出来るハンドルも付属しています。

a 013.JPG

多分、これは輸入個体としては唯一です。
このStoveは軍用でも、ハウスホルドやキャンプ用ではありません。
このStoveの用途は錫の溶解用です、製造数は少なかったようです。

Maxsievert Svea 123 関アウトドアナイフショー [svea stove]

014.JPG

岐阜県関市の地場産業は昔から刃物です、毎年10月の第二土曜日、日曜日
に開催されます『関刃物まつり』。

015.JPG

同日に開催されるのは『関アウトドアズナイフショー』です。
大抵暇を見つけては毎年観覧に行っています。

016.JPG

昨年、作風が気に入ってナイフを買ったメーカーさんのブースを撮影しました。

017.JPG

今年の展示ナイフで気に入ったのは真ん中にあったスタッグハンドルのスキナーです。
でも、値段がなかなかの物です。......欲しいが.......先立つものが、うむ。

01.JPG

と言いつつ、本来の記事はMaxsievert Svea 123 です。
ニードルの無い、初期の物です。アルミ缶入りのものです。

02.JPG

通常の風防、五徳付きの物と違ってこのStoveの詳細はよく解りません。

03.JPG

個体の使用度が低く、ほぼNosです。

04.JPG

綺麗です。

05.JPG

フレイムカップにはSVEA MADE IN SWEDEN 9400と刻印があります。

06.JPG

圧力弁付きフューエルキャップにはMADE IN SWEDEN SIEVERT 15060の刻印があります。

07.JPG

燃料指定の刻印です、横書きに4列。ベンジン仕様とあります。

08.JPG

09.JPG

010.JPG

アルミケースの外側底にはIMPと刻印されていますが、意味は不明です。

011.JPG

現在のミニポンプ用のフューエルキャップを嵌めましたが、多少の違和感
あるものの、ゴムパッキンできっちり使用すればこれも可能かな。

012.JPG

013.JPG

左側はOptimus 88に付属していた123Rです。
完成されたフォルムは永遠です。



Svea Campus No,4 再メンテナンス終了 [svea stove]

Svea Campus No,4 の再メンテナンスも終了です。

090.JPG

タンクのサポートバーの接着の作業です、ハンダの除去。

092.JPG

ハンダの吸い取りは結局この様な方法で作業を進めました。

085.JPG

除去した後に吸い取り出来ない部分は削り取ります。

087.JPG

画像は接着した後にストーブで乾燥している所です、ほぼ金属硬化並みの接着剤
を使用しました。理由はハンダ作業ではフラックスが流れてうまく出来ないから。

v 008.JPG

完全に硬化しています、3日程度でカチカチになります。

v 009.JPG

なんの不安もなく、しっかり着いています。

v 005.JPG

バーナーとスタフィンボックスを組み込みます。

v 007.JPG

金網で作成したストレーナーを挿入します。

v 001.JPG

ポンプチューブのNRVは鉛のパッキンを装着しますが、既製品は大きく厚いので
作成します。

v 002.JPG

鉛のシートからポンチで打ち抜きますと、径が細いと切れてしまいます。
最初から細く短冊状に鉛を加工して置いて、NRVに巻きつけます。

v 011.JPG

v 012.JPG

すべての部品やパーツを組み込んで、完成です。

v 013.JPG

やっと完成です、ケースの色がイタダケマセン、やっぱりブラックのちぢみ塗装をやりたいです。

Svea Campus No,4 再メンテナンス② [svea stove]

a 001.JPG

大きなポンプです、何のポンプかというと。

a 002.JPG

自転車のポンプです、粗大ゴミへ出すので分解しました。
この世界に嵌まる以前はポンプというと自転車のポンプでした。

z 003.JPG

冬場はメンテナンスが億劫になります。何しろ寒いのが大変。

z 004.JPG

z 005.JPG

2台分の真鍮部品を掃除し、薬剤で磨きました。

z 001.JPG

次の仕事はサポートバーの取り付けですが、まずハンダの除去から。

z 002.JPG

z 008.JPG

この様なコテを使用します、LED表示で設定温度を変更出来ます。
セラミックヒーター仕様なので立ち上がりは一分程度です。

z 006.JPG

z 007.JPG

サポートバーは面倒なのでルーターで除去しました。

z 009.JPG

Campus4はポンプカップが特殊です。

z 010.JPG

カップには3種類の金具でセットしますが、真鍮の部品がカシメてあります。
外す時には必ず真鍮の部品はガタガタになります、汎用性のポンプ仕様
に変更を考えています。



Svea Campus No,4 再メンテナンス① [svea stove]

今年も余すところ5日です、久し振りにお天気に恵まれた休日です。
暖かい日です、布団干しには絶好のお日和。

s 001.JPG

再びCampus no,4です、前回のメンテ以降にまた1台到着しました。
結構汚れています、分解したパッキンはコルクでしたのであまりメンテ
された気配がありません。洗浄機を使用してココ迄掃除しました。
小型Stoveでもポンプ付きですと部品も増えます。

s 002.JPG

タンクはクリーナーで掃除だけしました。

s 003.JPG

他の金物です、ブリッカーが有ります。当然ニードルがありませんので。

s 004.JPG

s 005.JPG

もう1台のCampus no,4です。
これらの部品は薬剤で掃除済みです。

s 006.JPG

問題は右側のタンク、サポートバーが外れています。
ロウ付け、はんだ付けが必要です。........やりたくないです。

s 007.JPG

s 008.JPG

やりたくないです。

s 009.JPG

各Stoveのコントロールキーです。
このキーのノブの裏側にはなんと

s 010.JPG

s 011.JPG

Sundbyberg.Sweden.type k30 A-B ALPHA made in sweden 
と表記されていました。この表記は正体不明のStove、Red Pointで記事にしました。
これでRed Pointのメーカーはマックス・ジーヴェルト読書灯工場と云うことで良いかと
思います。いずれのStoveもコントロール部分をこのメーカーの部品を使用しています、
作ったメーカーはA-B ALPHA 社です。A-B ALPHA 社=マックス・ジーヴェルト
と思うのは乱暴かな。

s 012.JPG

s 013.JPG

各Stoveのフューエルキャップです。
本来のキャップは左側、右側はSvea123等に使用されている物です。

s 014.JPG

s 015.JPG

と云うことは

s 016.JPG

このミニポンプ用のキャップでも使用可能でした。

本日ココまで。
年末更新は難しいかも知れません、大掃除も途中です。
良いお年を!

07.JPG



Red Point Fotogenkok メンテナンス③ [svea stove]

047.JPG

タンクも乾いたので機関を組みました。
ベースになる部分はまるでブリキの様な素材です。

048.JPG

タンクとバーナー本体を組み付けて、その後にベースを螺子止めします。

049.JPG

タンクの上にある金具が風防を取り付ける際の骨組みとなります。

051.JPG

風防の先端にある突起をタンク金具に差し込むだけです。

053.JPG

かんたんに組み付け出来ます。

055.JPG

機関部の使用は僅かです、当時の輝きを取り戻しました。

056.JPG

上から挿しこみ式の五徳を載せれば完成。
レッドの圧力抜き兼フューエルキャップのゴムパッキンは外径17mm×内径7mm厚さ2mmで作成。
ポンプノブのゴムパッキンは外径18mm×内径9mm厚さ2mmで作成。
NRVのPIPは径4mm厚さ3mmで作成。

結局このStoveの由来やメーカーは断定出来ませんでした。
ただデザインは比較的新しく感じます、雰囲気はハンガリーのKolibri stove (ハチドリ)を思わせますが
このStoveは構造は比較的簡単です、クリーニングニードルやスピンドルもありません。
また、ケースのデザインは結構斬新な感覚です。

g 013.JPG

また次のStoveを分解しています。もう1台のCampus No,4です。


Red Point Fotogenkok メンテナンス② [svea stove]

011.JPG

このStoveの由来を調べています。
前回の記事ではこの家庭用Stoveの特徴を多少アップしました。

このタンクの側面に表示されている、『Patent och mönsterskydd』の意味は特許やデザイン
は保護されている、という意味です。

012.JPG

さてこのStoveのメーカーは?Red Pointの意味は何。

013.JPG

014.JPG

015.JPG

特徴的な事はタンクに溶接されているサポートバーです。
何処かで見た様な。...........Campusシリーズ。

018.JPG

超音波洗浄を行い。

019.JPG

これや。

020.JPG

あれや。

021.JPG

これも、洗いました。

026.JPG

次に部品でこのStoveの由来が解らないか、見てみました。
この圧力抜き兼用のフューエルキャップを細かく観察すると、
赤色のノブに細かい文字でエンボスがあり。

028.JPG

そこには、Sundbyberg.Sweden.type k30 A-B ALPHA made in sweden RED Point
と表記されていました。
スンドヴィベリ(Sundbyberg )とはストックホルム近郊の地区です。
この地区に関係の深いメーカーはマックス・ジーヴェルト読書灯工場(Max Sieverts Lödlampfabrik )
です。
このメーカーは、当初ブロートーチを発明したカール・リヒァルト・ニーベリ(Carl Richard Nyberg )により設立されマックス・ジーヴェルト(Max Sievert )の支援を受けて、アルファ(AB Alpha )を設立しました。
ここでA-B ALPHA が出てきました。
しかし、A-B ALPHA 社はL・M・エリクソン(L. M. Ericsson )の支援により電線を作って
いた会社です。今も現存する、 Ericsson はあの固定電話のメーカーです。

034.JPG

033.JPG

主要な部品を薬剤で洗浄しました。
同時にタンクの亀裂が無いか調べます。

040.JPG

タンクはこの後、ミクロコンパウンドで仕上げます。
タンクの右側がコンパウンド使用後です。

041.JPG

磨きの完成です。

043.JPG

044.JPG

045.JPG

他の部品も磨き完了です。
作業はココ迄、タンク内部が乾ききっていません。

このStoveのメーカーはおそらくマックス・ジーヴェルトでしょう。
その後にSvea123を製造し、メーカーとしての地位を確立します。

このStove『Red Point』は大変珍しいと海外のセラーは言っています。
CCSの記事にはまったく記載がありません。

Svea Campus No,4 メンテナンス③ [svea stove]

Svea Campus No,4 メンテナンスも終盤です。

048.JPG

細かな部品のメンテナンスです、付属のNRVはPIPがコルク製です。
これをゴムで作成します、径は4mm厚さ3mmです。

049.JPG

片方のフィラーキャップは純正かどうか解りませんが、SVEA123系の物だと思います。
このキャップの解除には四角形のレンチが必要です、後期のミニポンプが使用出来る物
は五角形だと思います。

050.JPG

この解除の為に六角形のレンチを成形して四角形のレンチを作りました。

051.JPG

グリーンの塗装がされたStoveのニップルです、かなりヤツレテいます。

052.JPG

053.JPG

予備パーツの中から適合しそうなニップルを選択し、交換します。

055.JPG

ブラックの塗装のStoveはパッキンを再生し、ポンプカップをリブュカントに漬け込み
金属製のウイックを作成して完成です。手間はあまり掛かっていません。バーナー
本体の磨きをしたら綺麗なStoveの完成です。

056.JPG

054.JPG

左右のStoveはCampus No,5です、バーナーヘッドは同一です。
残すはグリーンのStoveです、来週Campus No,4が1台到着します。
そのStoveもバーナーヘッドは通常のローラーバーナーです、どうもCampus No,4
はCampus No,2のヘッドを流用した前期とCampus No,5へ移行する前のStove
が在るようです。後日またアップしたいと思います。

Svea Campus No,4 メンテナンス② [svea stove]

台風接近中、午後6時を過ぎて風雨がかなり強くなってきました。
そんな中メンテをしておりました。

032.JPG

向かって左側がCampus No,5の機関本体です。右側がCampus No,4のブラック塗装
のバーナー本体です。同一です。

033.JPG

バーナーのタンクへの接続チューブの形状が違います。

035.JPG

タンクのサポートバーの形状も違います。(手前がNo,4です)

039.JPG

040.JPG

磨きました。

041.JPG

ブラック塗装の方はメッキ仕様なので、真鍮部品が少ないです。

043.JPG

バーナー本体の掃除中。

037.JPG

けっこうなグラファイトパッキンの残骸。

044.JPG

フューエルキャップは外径18mm×内径8mm(7.5mmかも)×厚2mm
ポンプノブのキャップは外径16mm×内径8mm×厚1mm
圧力弁のPIPは外径5.5mm×厚3mm
作成しましたが、No,5とのサイズの違いはポンプノブでした。

045.JPG

ブラックバージョンにはウイックが見当たらなかったので、ステンレスで作成しました。
ただ長さは若干長めです。

046.JPG

このバーナーには真鍮金網を丸めた物が入っていました。しかし短いストレーナーが災いして
取り出すのに一時間程掛かり、再作成はもっと長い物で行いました。
真ん中の物はM40の金網を使いましたが、チューブの径に入らず、M80の物に変更して
作成しました。

047.JPG

今日の作業はここ迄です、後はバーナー本体のチューブの掃除と磨きです。

台風の中心が接近中。

Svea Campus No,4 メンテ開始 [svea stove]

十月の台風が近ずいています。

020.JPG

まだ元気なマイマイ。

06.JPG

今日からメンテを開始したいStoveは、見慣れた感じのする。

017.JPG

しかし、中々お目に掛からない、Svea Campus No,4。

07.JPG

先月のCampus No,5に続きまして、2台揃ったのでメンテを開始します。

08.JPG

このStoveは入手したのは昨年の10月です。

09.JPG

それまでは、持っていたCampus No,5と同じケースはミドリ系の
塗装だと思っておりました。

013.JPG

しかし先月入手したこちらのCampus No,4はなんとブラックの塗色

014.JPG

しかもその塗装はSvea 158に有るようなざらざらした感触の物でした。

01.JPG

このStoveの付属品です、純正のアルコールボトルやネルの布、紙製のデカール
まで完備しておりました。

04.JPG

しかもこのStoveのケースの中に、紙製のデカールの破片があり、まったくのNos
状態と見て取れます。

05.JPG

ケースの内側には取扱説明書が貼付されてます。

011.JPG

ミドリのCampusのヘッドは通常のローラーバーナー

03.JPG

ブラックのCampusのヘッドはまるでMaxsievert Svea No,123の如く
バーナープレートにはNo,5593の刻印?

012.JPG

ミドリのCampusのタンクです、刻印はCampus 4。
ブラックのCampusはメッキタンクです、同様に刻印はありました。

016.JPG

ブラックのCampusの機関とタンクです。

018.JPG

どちらの機関部も純正だと思いますが、ローラーバーナーのヘッドには
MADE IN SWEDEN
SVEA CBEAと有ります。
一方のバーナープレートにはSVEA MADE IN SWEDENと刻印。

よく調べてみます。

p 001.JPG

少しも進まぬ、Enders 9065です、ニードル側のスピンドル
を抜きましたが、ニードルが抜けません。ニードルはてっきり
捻じ込み式で、多少の固着程度かなと思っておりました。

p 002.JPG

しかし、ニードルが外れません、途方に暮れる。

p 004.JPG

長いチューブの中に在る、ウイックも後少しで抜けません。また途方に暮れる。
と言う訳でまた中断しております。






Svea Campus No,5B メンテナンス ラスト [svea stove]

プレヒートカップとポンプ皮の調達に時間が掛かりました。

047.JPG

まずバーナーヘッド内に金網製のストレーナーを挿入しましす。

048.JPG

丁度孔のサイズにぴったり合うように金網の量を調整しながら行います。

049.JPG

フィラーキャップと圧力弁をセットしました。

050.JPG

タンクにはCampus No,5の表示があります。

051.JPG

アウターカップにも刻印

052.JPG

結局プレヒートカップはOptimus 99の物を採用しました。

053.JPG

かなり純正の物とはサイズが違います。

054.JPG

単にセンターホールの径が合う物を基準した結果です。
当然コンマミリ以下で接続不能でしたので、工作を施しました。

055.JPG

ほんの少し削っただけで完了です。

056.JPG

次にワイヤーのウイックを挿しこみました。

057.JPG

NRVは必ずパッキンが必要です。

058.JPG

059.JPG

タンク本体に接続します。

060.JPG

スタフィンボックスは二重式です。

061.JPG

グラファイトパッキンを入れて、締めます。

062.JPG

063.JPG

機関部の完成です。

064.JPG

ケースにセットしコントロールノブでの操作を確認します。

066.JPG

ケースに五徳をセットします。この五徳は純正品ではないと思います。

070.JPG

左側がポンプ付きのCampus No,5です。
ずいぶんプレヒートカップの大きさが違います。

068.JPG

065.JPG

左側がCampus No,5Bです、純正のアルコールボトルとネルの布が有ります。
取りあえず、完成。


Svea Campus No,5B メンテナンス③ [svea stove]

042.JPG

時期も遅い百合の花、何処からか種子が飛んで来て、今年初めて咲いていました。

033.JPG

結局圧力弁は固着しており、小型バイスに挟んで、炙りました。

034.JPG

最近は大型のトーチの使用は控えて、この小型の物を愛用しています。
SOTO、メイドインジャパン。

035.JPG

割りとすんなり解除出来ました。

040.JPG

今回のメンテでやっかいだったのは、ポンプでした。
ポンプ皮は上の4点の部品で締め付けてあります。

041.JPG

右の金具は真鍮製です、他の3点はスチールです。
右の金具と右から3番目の金具はカシメられております、その解除は
カシメられた真鍮の金具を真っ直ぐすることから始めますが。
これが結構荒業、力技です。そのおかげで真鍮製の金具はギタギタ。

皮製のカップは口を左側に向けて、右から2番目と3番目の間に入れて
右の金具でカシメます。

しかし、カップのサイズが14mmか14.5mmと在庫にない為、オールドキャンプストーブ
さんへ発注しました。

044.JPG

フューエルキャップは外径18mm×内径8mm(7.5mmかも)×厚2mm
ポンプノブのキャップは外径15mm×内径9mm×厚1mm
圧力弁のPIPは外径5.5mm×厚3mm
逆支弁のPIPは外径4mm×厚3mm
で作成しました。

あとは懸案のプレヒートカップですが、Radius43の物が一番近いようですが。
思案中。

043.JPG

まだ元気なマイマイ。



Svea Campus No,5B メンテナンス② [svea stove]

とにかくプレヒートカップが欠品でもメンテは継続しなければ。

09.JPG

わざわざポンプなしのCampus no,5のカップを外して、サイズの計測を行いました。

010.JPG

外径は48ミリでした。一般的なカップです、Primus 41SPを測ってみたら
大体似たようなサイズです。

011.JPG

ただ内径8.5ミリと段差が付いた部分内径を含んで20ミリは、調達可能か?

012.JPG


Campus no,5にはタンクとバーナー本体の接続にサポートバーがあります。
チューブだけだと接続の強度が弱いためですかね。

013.JPG

バーナーチューブから出ているのが棒状の金属ストレーナーです。

018.JPG

ニップルを除去した部分にこのストレーナーがあります。

020.JPG

取り出します。

021.JPG

左側にある細い金属の棒状の物もストレーナーです。
これはタンクチューブとタンクの間にあります。

023.JPG

これら諸々の部品を洗浄します。

024.JPG

025.JPG

026.JPG

028.JPG

アウターキャップにはSVEA ・ MADE IN SWEDEN ・の刻印と5593の刻印があります。

029.JPG

タンク圧力弁は固着しています、数日CRC漬けにします。

030.JPG

金網でストレーナーを再製作します、別段難しい作業ではありません。

031.JPG

バーナー本体のニップル穴の径に合わせて丸めるのです。

032.JPG

棒状のストレーナは長さ75mm、径は1mmです、7本がセットされていました。
1本が短くなっていましたので、ステンレスで作成しました、オリジナルらしき物
は真鍮の様な、銅のような?色ですが。本日はここ迄です。

今回のStoveはプレヒートカップが欠品でした、海外オークションや海外セラーによって
は到着するまで欠陥や欠品が判りません。信頼の置ける、何回も取引があっても
こちらから聞かないと回答はありません。
よほど注意深く添付写真を見るのですがね。
この点ヤフオクは親切です。て言うか神経質過ぎる、古いStoveにはありがちな事なんです。

Photo 13, New Optimus.JPG

Photo 14.JPG

こんなStoveの在庫から買っていますが、中々手ごわいですよ。
海外のマニアは。












Svea Campus No,5B メンテナンス① [svea stove]

01.JPG

以前このブログで記事にしました、Svea Campus no,5です。
今度は間違いなくno,5Bです、CCSの記事にno,5は灯油仕様、
no,5Bはガソリン仕様と記述があり、no,5Bにはポンプがあるとの
記事でした。

02.JPG

今度のStoveにはポンプがあります、大分前に入手しましたが中々機会
がなく放置しておりました。前回の記事でEnders 9065をメンテ再開
すると言いましたが、またもニードルの解除で躓いております。
解除のキーは入手しましたが、抜けません。何かサイズが合って無い様な。

03.JPG

そこで急遽、Campus no,5Bのメンテを開始しました。

04.JPG

向かって右側が5Bです。

05.JPG

ポンプ圧は掛かるし、特にメンテは必要ないみたいな感じですが。

06.JPG

どうしょうか。

07.JPG

外観はメンテしたno,5とあまり変わりませんが。

08.JPG

暇はあるので、メンテ開始します。

む、プレヒートカップが無い。欠品。









Max Sievert Campus 3 メンテナンス終わり [svea stove]

春爛漫

b 001.JPG

q 001.JPG

q 002.JPG

心地良い季節が到来しています。

015.JPG

Max Sievert Campus 3 のメンテナンス終わりです。
スピンドルが小さいので適合する市販のGpがありません。
板状のパッキンを丸めて、スタフィンボツクスで押し込みます。

016.JPG

前回の記事でタンク上の突起の目的が不明でしたが、
何の事は無い、ただの予備ニップルをセットするものでした。
CCSの記事を良く読むと解説されていました。

017.JPG

でいきなり完成です。ウイックをタンク内にセットし、おわり。
ウイックは其のまま使用しました。

018.JPG

こんなポットが役に立つのでしょうか。

019.JPG

収納した場合はこんな風情です。
Campusシリーズは中々手に入りにくく、価格も高値安定。
状態の良い個体は少なく、結構フランスあたりで入手出来ます。
Campus nr.5は比較的入手し易いですが、その他のStoveは
見つけたら即買いです。いつ出てくるか解りませんので。
地元のスウェーデンやノルウェーでも高値取引の対象です。

020.JPG

今所有している筒Stoveたちです。












Max Sievert Campus 3 [svea stove]

各地で桜の名所は大変混雑しています。
桜散らしの風で桜吹雪が綺麗。

014.JPG

庭の水仙です、何時植えたのか解りません。

01.JPG

Optimus 11でトランギアにセットする目論見は切削ビットが来ないので
一休み。
急遽、Campus 3の分解を開始しました。

02.JPG

ただ、慌てて開始した為に分解前の写真撮りわすれました。

03.JPG

オールブラスの後期モデルですか?

04.JPG

バーナーチューブが多少固着しており、炙りました。
この取り外しには8mmのスパナを使用します、しかし持って
ませんでしたので、また買いました。何かと物入りな。

05.JPG

多少ウイックが焼けました。

06.JPG

残念ながらソースパンのハンドルが欠品でした。
現行のSvea 123のハンドルを調達しました。何かと物入りな。

07.JPG

このコントロールハンドルは付属していた物です。
made in swedenと刻印されています。
当時の物か解りません。

08.JPG

プリッカーにはmax sievertの刻印があります。

09.JPG

フューエルキャップには、svea made in swedenの表示
があります。はたしてオリジナルか?
コントロールキーやフューエルキャップは
max sievert svea 123の物?圧力弁らしき物があるのが
本来ですかね?

010.JPG

この様にして使用するのかな。

011.JPG

収納時にはこうかな。

012.JPG

手前右側のプリッカーの上が購入したソースパンハンドルです。
オリジナルはもっと長さがある様な?
CCSの本日記事にもCampus 3が載っていました。
やはり、ソースパンハンドルが欠品でした。

013.JPG

タンク上部にある数ミリの突起は何?なんの為にあるのか?
CCSの記事には使用している場面がありません。
ウイックを作成するか迷っています。

そうそう、バーナープレートは
MADE IN SWEDEN・SVEA・
センターに9400の刻印があります。これはmax sievert svea 123の記事で
見たような、しかしmax sievert svea 123持ってません。
すこし調べてみます。

















svea campus №5 [svea stove]

svea campus№5のメンテ完了しました。ただ磨いたり、パッキンの作成
【フィラーキャップパッキン18×7】【スピリットカップ、バーナー下はノンアスで12~14×7】
026.JPG
をしただけですが。

027.JPG
ニップルの下にあるストレーナーです。
028.JPG
バーナーのチューブにあるウイック代わりのハリガネです。
031.JPG
予備に作成しました、径0.9mmのステンレス×7.5~7.7mm
032.JPG
ニップルの下にウイックをマトメタものをセットします。
034.JPG
KTCのT型レンチの8mmを使用して締め込みます。
035.JPG
ニップルが六角形なのです。
036.JPG
続いて、バーナーチューブにハリガネを挿し込みます。すこし頭を出して......。
038.JPG
普通の螺子でバーナーとスピリットカップと補助金具に留めます。
040.JPG
ノンアスのパッキンを間に挟み、この下にスピリットカップをセット。
041.JPG
一応完成ですが、まだGPをセットしていません。.....GP注文中。


svea campus №5 パーツ掃除 [svea stove]

svea campus №5の掃除をしました。
このstoveは初めて見る構造が結構あります
pu 001.JPG
と言いましても、stove経験未だ一年足らずの身でおこがましいのですが
pu 002.JPG
長ーーーーいスピンドルです、スタフィンボックス如きパーツが
2個あります、スピンドルの先と後ろから挟み込んでいます。
pu 010.JPG
yamalubeでカーボン落としました。
pu 006.JPG
二輪用のクリナーはパーツに残っても燃焼熱で綺麗に飛ぶ
とお聞きしました。カワサキのキャブレタークリナーも良いみたい
pu 004.JPG
バナーヘッドはよく汚れていました。
pu 007.JPG
錆落としは未だです、薬剤が無くなったので要調達。
pu 003.JPG
フィラーキャップの分解です、バネの先にパッキンがあるかと
思いましたが、痕跡がありません?無くて良いのか解りませぬ。
pu 008.JPG
左側のパーツがニップルです、この下に長さ5mm、径3mm程度の
丸めたストレイナーがセットされていました。
pu 005.JPG
問題の針金です。
良く解りませぬ!ccsを見ましたが、それらしいコメントはありません。
教えてください、自然吸気のstoveの構造が今三つ理解出来てないです。





svea campus №5 [svea stove]

今日到着しました。sveaです、campusです。№5.............もちろんはじめてのstove。
s 001.JPG
外で分解しました。
バーナーです
s 002.JPG
サイド側から
s 003.JPG
タンクのメーカー№表示です
s 004.JPG
小さ過ぎてみえませんか?
タンク全容
s 007.JPG
バーナーから分解
s 009.JPG
タンクからバーナーを分離

なんか針金が?
s 010.JPG
何これ?
引っ張り出したら、普通の針金が6本ほど差し込んであります。
ウイック?何々...............わからん。
s 011.JPG
長がーーーーーいスピンドル。
campus№5って自然吸気なんだ。
t 002.JPG
と思っておりました。.............ところが、
いつも拝見しているM様のstove図鑑を見たら、ポンプ付いてました。
あれ、違う........。ccsのサイトで解りました、このstoveはcampus№5だと。
無知でした。
t 001.JPG
ケースにも、タンクにもbなんて表示されていません。
s 005.JPG
一応ボトルもコントロールノブも、ネルのクロスも付属しています。が、取説はありません。
ポンプ付きのcampus№5bも欲しい。

大箱 svea 158 [svea stove]

秋晴れの日が続きました、今日は秋雨模様ということで、radiusもお休みです。趣向を変えて大箱...........
sa3.JPG
三大大箱のひとつです、英国軍用№12とか?三大ですから..........あとひとつは..........知りませんでした。
s 007.JPGs 008.JPGs 010.JPG
重いです、かさばります、もちろんデッドストックなのです。
s 005.JPG
取り説はケースに貼付されております。
また、缶がすばらしい...........ほんとです。   あっ...画像ないか

s 004.JPG
あるじゃないですか。

svea stove ブログトップ