So-net無料ブログ作成
検索選択
fuhrmeister ブログトップ

Fuhrmeister No,7 とBAT 45/1 [fuhrmeister]

h 001.JPG

冬のお天気です、流石に風が冷たいのです。
先週仕上げたPrimus 96です。

h 002.JPG

まあこんな程度ですが。

h 003.JPG

綺麗です、掃除しては写真撮っていますが、あまり写真に拘ってない
のです。だからメンテの覚え書みたいなスナップ写真です。
だから、珠にヤフオクに出しても、下手なのであまり高値になりません。

j 001.JPG

今週はこれを片付けようとしています。

j 003.JPG

一応底部のナットを外します。

j 005.JPG

バーナーを外す。こんな作業です、上下にスパナを噛ませて、?。

j 007.JPG

簡単な部品は外しました。

j 010.JPG

Optimusですが。

j 009.JPG

Primus 535用か?

j 008.JPG

タンクはアタリもなく、刻印もはっきりとしています。

j 012.JPG

なんか、ヤダナ。
蘇る記憶、Fuhrmeister nr 8のチューブ
手こずりました、途中で止めました。
簡単に着脱出来るとは思ってません。
でも、止めました。

j 011.JPG

元に戻しました、色々思案し、まあ圧も掛かることだし。

k 001.JPG

おまけです。

k 003.JPG

BAT 45です、先月到着しています。

k 002.JPG

珠にドイツで捕獲されます。

k 006.JPG

BAT 45でもこのモデルはポンプが特徴的です。

k 007.JPG

このStoveは、かなりな凄腕のビルダーがリプロしています。
収納用のポットはブラスト加工されているようです。
特に問題はなさそうです。

Fuhrmeister No,7 オリジナル? [fuhrmeister]

f 001.JPG

先週 いや先月末のブログでは、Primus 210のメッキ仕様をメンテ
しようと思ったのですが、どこも問題ないので止めました。
今日は同じく先月に到着した、Fuhrmeister No,7 を掃除しようと思います。

f 002.JPG

ご存知ですか?Fuhrmeister No,7 を。

f 003.JPG

このStoveの特徴はなんと云っても、この巨大なタンクです。

f 004.JPG

ハウスホルドのStoveはどうしても、煤けがケースに着きます。

f 005.JPG

特にサイレントが珍しいものではありません。

f 006.JPG

タンクガードで輻射熱を防ぎます。

f 008.JPG

底の部分は特有のネジ止めです。
結構Fuhrmeisterはこのタイプが多いです。

f 009.JPG

タンクの裏側です。

f 010.JPG

プレートです、すこし霞んでいます。

f 012.JPG

ニップルは傷みがあるかな?

f 013.JPG

Primus 96です、コイツも片付けないと。
ではまた。

Fuhrmeister No,8 メンテ再開⑤ [fuhrmeister]

残る作業はFuhrmeister No,8前期の組み上げです。

y 005.JPG

Fuhrmeister No,8の前期にはRadiusのローラーバーナーがセットされていました。

y 003.JPG

これはFuhrmeister No,7のサイレントバーナーです。

y 004.JPG

Fuhrmeister No,8の前期のStoveにはFuhrmeister No,7のサイレントバーナー
が使用されていますので、バーナーヘッドだけ置き換えれば、本来のFuhrmeister No,8
が出来上がります。

y 007.JPG

組み付けはまた、知恵の輪になりますが、単純にヘッド以外の物をセットして、最後にヘッドだけ
下から組み上げました。

y 008.JPG

バーナーの下にある部分を20mmのレンチで保持して、プレヒートカップの上に19mm
のレンチでサイレントバーナー本体を締め込みます。ただしバーナーヘッドのチューブ
邪魔になり最終の締め込みはその角度によっては難しい場合がありますので、最後は
細型のレンチで締め込みました。

y 009.JPG

使用した工具類です、肝は真ん中のモンキーレンチです。

y 001.JPG

写真は仮組みした時のものですが、組み込んでから内部ケースに入れようとすると、
迷宮入りです、難解な知恵の輪状態。

y 005.JPG

この様にタンクに五徳をセットしてから前述の作業を行います。

y 006.JPG

五徳の保持穴へバーナーを差し込んでから締め込みます。その時、下からでないとバーナーヘッド
は入りません。サイレントバーナーの傘が大きすぎて五徳の足が邪魔します。

y 011.JPG

PrimusやOptimus、Radiusのサイレントバーナーでも使用出来るかもしれません。
ただバーナーのサイズは不明ですので適合する物を探すのは骨が折れそうです。

y 010.JPG

ケースの裏です。Fuhrmeister No,8後期と違い、前期は内部ケース毎外ケースに螺子留めします。

y 012.JPG

完成です、右側がFuhrmeister No,8後期の民生タイプです。
左側がFuhrmeister No,8前期軍用です、前期に民生があるかどうかは不明です。
前期にはクリーニングニードルの機構はありません。

y 013.JPG

左側が前期のFuhrmeister No,8です、

y 014.JPG

左側のヘッドはよく見られるOptimus系の様な感じがします、バーナーの傘の裏側には
FuhrmeisterとNorwayの刻印が在ります。


y 015.JPG

おわりです。

y 017.JPG

おまけです、右側のタイプはFuhrmeister No,8後期モデル軍用タイプでヒーター仕様です。
機関は問題ありませんが、使用による汚れがありますので後日掃除したいです。

次は何のStoveをメンテするか思案中です。

Fuhrmeister No,8 メンテ再開④ [fuhrmeister]

がんがんメンテナンス進めていますが、まだまだトンネルの中。

076.JPG

後期のタンクサイドのFuhrmeisterの刻印表示です。

v 004.JPG

左側はもう1台のFuhrmeister No,8後期モデルです。
機関は正常ですが使用による汚れがあります。

v 006.JPG

タンクのサイドですが刻印は別として、金具保持の形状が違います。
後期のモデルでもタンクは2種類あるということです。

v 008.JPG

民生モデルのスピンドルにGPを挿入します。
バーナーヘッドのチューブの奥行きは13mm、スタフィンボックスは6mm
メタルリングは2枚で4mmです、GPは3mm以上を入れます。

v 009.JPG

v 010.JPG

v 011.JPG

タンクとバーナー本体を接続しますがタンクチューブが細いのでかなり繊細
な作業が必要です。

v 013.JPG

組み上げれば後は五徳兼内部ケースとタンクガードを装備するだけです。
先に五徳兼内部ケースを組み上げてからタンクガードをセットします。

w 001.JPG

w 003.JPG

これで本体は完成です。

w 005.JPG

ケースの横にある突起にタンクのサイドにある凹みをセットすればケースと一体化します。

w 007.JPG

w 008.JPG


Fuhrmeister No,8の民生モデルのメンテナンスはおわり。

Fuhrmeister No,8 メンテ再開③ [fuhrmeister]

引き続きFuhrmeister No,8のメンテやってます。
前期と後期を一緒に分解しましたが、部品は全然違いますので後で迷うことはないでしょう。

u 008.JPG

後期の部品です、圧力弁付きのフィラーキャップです。
NRVで、下はタンクガードの取り付けナットです。

u 009.JPG

前期のタンクとスタフィンボックス、フィラーキャップ(圧力弁なし)、金網ストレーナーです。
いずれも真鍮製です。

u 012.JPG

ゴムパッキンを作成しました。
後期のフィラーキャップ19mm×12mm×2mm
フィラーキャップのPIP 6mm×2mm
NRVのPIP4.5mm×2mm
後期のフィラーキャップ18mm×2mm
あとは19mm×14mm×0.8mmでバーナー本体と接続チューブの間に入れる
パッキンだけです。ノンアスのシートから作成しますが、なかなか脆いので打抜き
には気を使います。

u 013.JPG

タンクを磨きました。

u 014.JPG

u 015.JPG

なかなかの質感です。

u 016.JPG

掃除しておいた金網ストレーナーを装着します。

u 017.JPG

こんな風に収まります。

u 019.JPG

前期が左側です、後期のタンクの方が大きい。

u 020.JPG

ニードルの有る方が後期です。

u 021.JPG

それぞれのポンプです、やはり前期の方がストロークが短いです。
後期のポンプカップを交換しました、17mmで組みましたが、やや大きいかも。

まだまだです。

Fuhrmeister No,8 メンテ再開② [fuhrmeister]

たまの祝日に一日中メンテしてます、無謀にも同時2台のメンテです。

u 001.JPG

前期のFuhrmeister No,8のケースからバーナー本体を外します。

u 002.JPG

ケースから本体はかんたんに外せますが。バーナーとタンクガードの分離は、
これが中々の難物です。

u 003.JPG

まるで知恵の輪です。知恵の輪は出来た試しはありません......やはり面倒。

u 004.JPG

結局、そのままで、バーナーだけ外しました。
やっぱり予想通りの展開。

u 006.JPG

Fuhrmeister No,8前期の部品たちです。

u 005.JPG

バーナー本体を接続するチューブの先端に網目のストレーナーがあります。

u 011.JPG

外したRadiusのローラーバーナーです、フレイムカップもRadiusの物でした。

u 010.JPG

五徳兼タンクガードです、結構堅牢な作りです。
後は部品の掃除と磨きです、パッキンも作成しなくてはなりませんが。







Fuhrmeister No,8 メンテ再開 [fuhrmeister]

ノルウェーのStoveはスウェーデンほど種類はありません。
やはり北欧の工業国はスウェーデンです、それはスウェーデン鋼に代表
されるように鉱物資源の差なのでしょうか?硫黄分の少ない鉄鉱石と木炭が
あればノルウェーも工業国となっていたかも。

p 001.JPG

Fuhrmeister No,8の前期と後期のStoveです。
向かって左側が前期、右側が後期です、どちらも軍用塗装です。
軍用塗装でもマットのざらついた塗装です、後期の軍用にはつるつるの物もあります。

p 004.JPG

ほとんどケースに相違はありませんが。

p 003.JPG

前期は本体と五徳がケースに固定されています、後期はタンクの横に突起があり
外せる着脱式です。

p 005.JPG

横から見ますとコントロールノブの操作口の位置が違います。
前期は向かって左側に、後期は右側に位置します。

p 002.JPG

これは前期のRoarer burnerです。前期にはSilent burnerとRoarer burnerがあります。
前期のRoarer burnerのヘッド本体はよくRadiusが使用されています。
これはCCS『Classic Camp Stove』のサイトで見ることが出来ます。

05.JPG

このRadiusのヘッドのレファレンスナンバーは不明です。

010.JPG

タンク右側がポンプです、大変ストロークの短いものです。これで圧を掛けるには結構大変かも。
左側がフューエルキャップです。

07.JPG

コントロールノブはアイボリーに塗られています。

p 006.JPG

右側のStoveは後期の民生物です。長らく放置されています。

p 007.JPG

分解中で放置。

m 003.JPG

こんな状態です、ぼちぼちです。
少しずつメンテを進めたい。



Fuhrmeister nr.7A シングルストーブ [fuhrmeister]

まだまだ寒い日が続きます、今日は日差しがあるものの
冷たい風が吹いています。

019.JPG

先日アップしたFuhrmeister nr.7A 7Bのツーバーナー
ではありません。このStoveはワンバーナーです。

020.JPG

未使用のNosですが、フィラーキャップが固く締まっておりました。
つい分解をすこし、ニップルやバーナー本体、タンク本体は其の儘。

021.JPG

ポンプとフィラーキャツプ、フレイム等を掃除。

022.JPG

023.JPG

ポンプ圧はしっかり掛かるので、皮カップの掃除を。

024.JPG

スチールのキヤップはさすがに綺麗にはなりませぬ。

025.JPG

026.JPG

Stoveは燃焼してナンボのもの、と言われる方
もおみえになりますが、NosのものはNosで保管が当方の主義
です。





Fuhrmeister nr.7A 7B 今年もヨロシク [fuhrmeister]

謹賀新年
明けましておめでとうございます。本年もヨロシクお願いします。

01.JPG

Fuhrmeister nr.7A 7B です、ツーバーナーです。

02.JPG

このStoveは左右独立型で分離可能なStoveです。左側にタンクがあるのが
Nr.7Aです。

03.JPG

これが7Bです。

04.JPG

05.JPG

06.JPG

07.JPG

08.JPG

7Aのプレート

09.JPG

7Bのプレート

010.JPG

タンクはかなりの太さ

011.JPG

全く使用の痕跡の無いカップ

012.JPG

真ん中が左右のStoveを連結しているパーツです。

013.JPG

015.JPG

各二本の螺子で連結されています。

014.JPG

タンクからバーナー本体の裏面です。

016.JPG

タンクとケースは螺子留めになっています。

017.JPG

Fuhrmeisterと刻印されたフィラーキャップの表側です。

018.JPG

Norgeと刻印された裏側です。

CcsでFuhrmeister nr.7A 7B は紹介されていますが

良い状態ではありませんでした。

このStoveは未使用もしくは使用の少ない個体です。

かなり珍しいStoveです、一方Fuhrmeister nr.8は結構露出度が上がってます。

私見ですが、海外オクでの出品では

Vulcano nr.333=Phoebus 525=Phoebus 225>Fuhrmeister nr.8

の順で圧倒的にFuhrmeister系は少ない様な気がします。

これはFuhrmeister系が主に北欧のオクでの出品だからですかね。




Fuhrmeister nr.8 メンテ④ [fuhrmeister]

なかなか思うように作業が進みません。
FuhrmeisterのStoveでもnr.8の後期は独特の機構です。
わたしの知識や経験では難易度の高いメンテです。

033.JPG

圧力弁付きのタンクキャップ
前回の作業時にバイスに挟んで分解しようとしましたが、うんともすんとも。

034.JPG

結果CRCに漬け込み、炙った結果がこれです。外せましたが ガタガタ ぼろぼろ。

035.JPG

この部品が食い込んでいました。

037.JPG

タンク内のNRVです。これはすんなりナメルことなく、抜けました。

038.JPG

結構大きな鉛のパッキンでした。

039.JPG

次の課題はこのピニオンの除去でした。前回メンテ時に思いとは別にバーナー本体を分離したせいで
全バラに方針を変えました。んが、ピニオンもすんなり抜けるはずもなく

042.JPG

こんな方法を考え付き、ピニオンのホールの直径は1mm弱、0.9mmの
釘を入れ込み、ワッシャーをかませました。当然すんなり抜けた訳ではなく、力技を

041.JPG

結果これも無残な。ピニオンの先端が所処傷や欠けが発生。


b 001.JPG

現在の状態です。此処からはウルトラ難易度Fです、タンクチューブ側のナット
をバイスで挟み、ニードルボックスを回すのですが、全然動く気配なく。

b 002.JPG

真鍮製のナットには無残なナメ跡がつきました。タンクチューブが邪魔をして
スパナが入る余地はありません、教えていただいたバイス挟みでこの作業
をクリアしようと思ったのですが、真鍮のナットは柔らかくナメました。

挟んだバイスの大きさに問題があったのでしょう。固着が酷くうまく行きませんでした。
このままの状態では、部品取りのジャンクSTOVEになりそう。






Fuhrmeister nr.8 メンテ③ [fuhrmeister]

Fuhrmeister nr.8 のメンテナンスで色々アドバイス
を頂きました。以前より小型のガレージバイスを使用して部品の分解を進めていますが、
今回の固着は半端ないです。

031.JPG

バイスの固定をしようと思いました、小型なので。以前大工さんから貰った
板切れに穴加工をして、ボルトとナットで固定を目論見ました、が穴を開ける
道具がない。そこで近くのk'sホームの無料工作室の利用を思い立ちました。
ボール盤の使用には、消耗品であるドリル先を買えとサービス嬢の要請?
んな馬鹿な、と思いつつ   仕方ないので売り場へ行こうとすると、サービス
おじさんが、インパクトドライバーならありますよ、それでどうですか。とのたまう
ので、ならやってみようか。となりましたが、一つの穴は成功。二つ目の穴は節目
の近くで堅くて失敗。なんとも中途半端な結末、中途半端なサービスでした。

024.JPG

固着しているバーナーヘッドの分解をしました。バーナーとタンクの分離ですが
思った以上の硬さにたじたじでした。なんせタンクチューブの細さにビビリながら
バイスでスピリットカップの下にある固定ナットを挟み、上部にある鉄製チューブ
ロックを外すのですが。これがうんともすんとも

025.JPG

火攻め、CRC攻め、ハンマー攻め。

026.JPG

そのうち、なんと外す必要のないバーナーヘッドが横むいちゃいました。
なんと簡単に、外したら駄目なのに。

027.JPG

あれほどアドバイス頂いたのに。

028.JPG

ニードルが剥き出しに。ピニオンの抜き方解りません。
だんだん分解というより、破壊されてゆく?

029.JPG

030.JPG

ヘッドは綺麗になりました。

しばらくCRCに漬けておきます。タンクキャップも漬けたままです、以前
Optimus 8のタンクとチューブの分離騒動が頭をよぎりました。






Fuhrmeister nr.8 メンテ① [fuhrmeister]

FuhrmeisterのStoveを海外で見つけましたので、Perfektus nr.77のメンテ
の合間に分解をはじめました。

01.JPG

状態は直前まで使用されていたものです。
煤だらけでした。

02.JPG

結構な汚れと細かいゴミの付着

03.JPG

タンクは黄金色の塗装

04.JPG

05.JPG

跳ね上げ式の五徳

06.JPG

ケース裏面に貼付された取扱説明書、何が書いてあるかサッパリ

07.JPG

タンクの素材はわかりません、錆はほとんど見られません。

08.JPG

お約束のタンク刻印

09.JPG

タンクガード

010.JPG

五徳部分とインナーケースは一体となっています。

014.JPG

バーナーとタンクだけ分離しました。がこれが曲者です、わたしのスキルでは
行き詰まりそうです。

015.JPG

インナーケースと五徳は掃除しました。

018.JPG

アウターケースも同様に、しかし余り綺麗になりません。

019.JPG

お約束の所々焦げた説明書き。

020.JPG

アウターケースの裏側に錆進行中でしたので、サビチェンジャーを塗布。

021.JPG

後期型と呼ばれるものです。塗装色は民生と言われているもの?

ケースは大変重量感があり、今まで見てきたStoveの中では王様級です。
質感、素材の頑丈さはすごい。

拙い経験から、ケースの重さはこんな比較です。
Fuhrmeister nr.8 > Vulcano nr.333 > Phoebus nr.225

022.JPG

コントロールノブです。

023.JPG

ノブの裏面には、なんと簡単な接着方法、プレート部分を四隅爪でとめている。








Fuhrmeister Norway 遠い北欧の国から [fuhrmeister]

01.JPG

荷物が届きました、一つはドイツから。もひとつはノルウェーから
ドイツ便が早かったです、ドイツ便は大概川崎税関経由です。
今回が初めてのノルウェー便、アムステルダム経由です、到着は便で左右
されますが、成田に到着して、中部国際空港税関に回されました。
当然余分に時間が掛かります。荷物の中身は?

02.JPG

これと


05.JPG

これです。
まだ開封したばかりで掃除も写真も進んでおりません。
時間が出来たらアップします。

Fuhrmeister Nr,7とNr,8です。
両方とも結構珍しいStoveです。

03.JPG

Fuhrmeister Nr,7A?

05.JPG

ローラーバーナー?Radius?
もっと調べてからアップします。
fuhrmeister ブログトップ