So-net無料ブログ作成
検索選択
military stove ブログトップ

Optimus 111B掃除、Msr Ⅹ-GK ミリタリーモデル [military stove]

o 006.JPG

先週の続きです、三連休なのです。
久し振りの掃除ですが、かんたんです。

o 007.JPG

初期モデルにしては使用が割りと少なく、五徳の焼けはほとんどありません。

o 008.JPG

掃除おわり。

o 009.JPG

タンクガードだけコンパウンドをかけました、初期物はメッキです。
結構このガードが錆て居る場合がありますが、これは状態良かったです。

o 001.JPG

MSRのXGK Stove Combo, USMCモデルです。

o 003.JPG

当然未使用品です、以前は在庫があったのですが、もうほとんど見掛け
ません。
円高だったので入手しました。

o 004.JPG

カスケードグループのSEALLINE製防水バックが付属します。
ここにも燃料JP-8の記載があります。

o 005.JPG

Msrの燃料ボトルカーキ20ozが2本付属します。
今ならなんとか入手出来ます。
いかがですか。

BUNDESWEHR HEINZE DIESELKOCHER [military stove]

014.JPG

今日は朝から梅雨の晴れ間です。

01.JPG

久し振りの軍用Stoveです。
ドイツの軍用Stove、BUNDESWEHR HEINZE DIESELKOCHERってゴツイ名前。
塗装は当然のOD色です、マット塗装で光沢はありません。
軍用保管ですので、塗装にはペイントロスがあるのが当たり前です。

02.JPG

03.JPG

実際、ゴツイのです。重さも半端ではありません。
製造はGENIOLです、左下に圧力計がありますが、そこにメーカー名が。

09.JPG

確かにあります。

04.JPG

ケースの上蓋に貼付されている取り説です。
通常はオランダ軍用の取り説だと思いますが。

07.JPG

ゴツイタンクです、容量は1.4リットルです。
ランタン用の漏斗です、ペテロマックスの物です。
ポンプノブは黒、多分ペテロマックスランタンの500の物でも代用可能かな。
ケースは縦横27.5センチ、高さは14.5センチ、重量は5キログラムあります。

08.JPG

サイレントバーナです、火力は2.5キロワットです。

010.JPG

クイックライターです、これだけでもかなりの火力。

011.JPG

かなりポンプチューブはストロークありますので、タンクの容量も大きいですが圧も
それなりに掛かりやすくしてあります。

05.JPG

上蓋の下側にセットしてある専用工具です、他の用途でもこなせる様なレンチです。

06.JPG

横にある小さな蓋を開けると、交換パーツが整理されて入っています。

013.JPG

このStoveに付いていた燃料ボトルです、仕様燃料は灯油です。
このStoveを見ると、いつも大戦中のTIGER TANKを彷彿とさせます。
なんて、ゴツイの。BRITISH ARMY Stove mk,2、12もこんな感じですが。
やはり、歩兵携行用のStoveでは無いので、火力重視かな。

Optimus 111 軍用 Stove [military stove]

連休が終わり、5月も残りわずかです。

l 005.JPG

躑躅も遅きですが、咲いてます。

l 003.JPG

紫陽花の季節はもうすぐ其処に来ています。

l 001.JPG

まったく違う作業を行いました。

l 002.JPG

このゴルフクラブ、グリップつるつるなので交換。

l 006.JPG

Titleistのマッスルバックアイアン、ただのノスタルジックです。

l 007.JPG

まったく打てませんが、とりあえずこれもメンテナンスです。

l 008.JPG

昔は、色々クラブを触っては、遊んでおりました。

l 009.JPG

作業の手順を写していますが、Stoveファンの皆様には退屈な記事です。

l 010.JPG

乾燥させて、終了です。ココまで1時間強です、昔はもっと手が早かった。
Military Stoveは番外編と、勝手に思っております。.......はぃ。

Norwegin Forest Catではありませんが、ノルウェー軍用ストーブです。
ご存知のようにNorweginとは『ノルウェーの』という英訳ですが、Norwegin Army Stove
『ノルウェー軍ストーブ』と表現するか、Norwegin Military Stove『ノルウェー軍用ストーブ』
か、まあ曖昧です。

m 006.JPG

Optimus 111系のStoveを採用していた時代とFuhrmeister nr,8を使用
していた時代は微妙にクロスしているようです、Optimus 111は元々各国の
軍用Stoveとして採用されていましたので、Norweginという意味を限定的に
考えれば、Fuhrmeister nr,8だけが本来の自国Stoveですかね。

m 002.JPG


左側のStoveはOptimus 111Bを採用した物です、ケースは111Bはオプテイムスグリーン
です。右側はOptimus 111Cです、ただしヘッドはただのコブラバーナーではありません。
Norwegin固有のArcticバーナーヘッドです、軍用ストーブとしては最後期の物です。

m 004.JPG

バーナーヘッドの周りをぐるりと燃料チューブが巻いています。
酷寒の地では、プレヒートを効率的に行う必要があります。

m 003.JPG

m 005.JPG

通常のOprtimus 111Bですが、今や軍用の状態の良い物は少なくなっています。
Optimus 111C Arcticはより一層有りません、使用期間が短かったのです。

m 008.JPG

m 007.JPG

いずれにしてもOptimus 111系はメンテナンスも楽ですし、部品も調達し易い。
だから軍用として広く採用されたのですね。
そういえば、カーキ色のOptimus 111のSweden軍用も少なくなって来たようです。
最近、海外の市場価格が上がっています。日本へ観光に来て頂ける方々が相場を
上げています。
日本が一番安いと感じているのは当方だけですかね。

pod 7k 軍用ストーブ [military stove]

stoveのメンテも進まず........。今日一日パッキン作りに勤しんでおりました。
趣向を変えて軍用物です。
03.JPG
スウェーデンpod社のストーブです。
軍用の証が


タンク側面に取扱説明書が貼付されてます。
横に付いているのが火力調節ノブ

04.JPG
フューエルキャップです、裏にコルクが貼り付いてます。
06.JPG
燃料系です、赤い標しは空、ブルーは満タン。カワイイ
07.JPG
琺瑯加工の天板。
08.JPG
対流、芯式のストーブ。
09.JPG

全容は
05.JPG
高さは44cm、径は22.5cmほどです、タンクの容量は2ℓ、重さは3キロ。
カワイイヤツです。

TYPE  CDF №7052 フランス軍用 [military stove]

pd 007.JPG

このstoveは大変めずらしいです、.....と言うのも、露出があまりなく、有名ではありません。.....が好きです、この機能性やデザインスタイル
celesと言うフランスメーカー製です、フランス軍用はやはりvestaが有名ですが。
ただ、このstoveはアルミケースです、タンク、バーナーヘッドは真鍮です、クイックライターも付いてます。

pd 001.JPG
c1.JPG
使いやすいstoveです、風防は特殊な塗装が施され、汚れが付きにくい。.........vestaよりずっと
扱いやすい。

pd 003.JPG

取り説も蓋にブラックで渋い。
これは向かってコックノブの右にポンプがあるので、後期型といわれるものです。

なんかフランスの雰囲気が良いです。

英国軍用№12 [military stove]

三大軍用ストーブの残りはこの英国軍用№12とgeniolだそうです。うーん、なるほどです、どれも個性強そう
no1.JPG
まさに重い箱、コンパクトですが、大変な重量です。まさにクッカーです.........
p 001.JPG
タンクはおろか、ケースもステンレスです。当然錆びとの無縁です、タンクの溶接がスゴイです。
p 006.JPG
p 007.JPG
p 008.JPG
独特の英国式のバナーヘッドです
p 009.JPG
風防に取り説が貼ってあります。この個体も試験点火後にストックされたとセラーさんの説明でした。
確かに綺麗だね。
p 005.JPG
ただ、geniolは持ってませーーーーん。残念





military stove ブログトップ