So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

Primus 100 サイレントバーナー換装 [primus stove]

j 010.JPG

梱包開けました。

j 011.JPG

かなり時間が掛かって到着しました。
久し振りのハウスホルドのStoveです。

j 015.JPG

Primus 100です、製造は1964年以降です。
タンクの裏に製造記号はありません。

j 016.JPG

本体にある刻印やエンボスは全体的に薄いです。

j 017.JPG

五徳はOptimus製、このバーナーヘッドは
Primus Optimusの刻印です。
この頃のStoveのパーツは結構汎用となっています。

j 018.JPG

ローラーバーナーヘッド一式です。

j 021.JPG

最近触ってきた、Primus 96やRadius 21に比べて
かなりの大きさです。

j 019.JPG

Optimusのサイレントバーナー一式です。

j 022.JPG

Primus 100は結構こんな事出来ます。
ライジングチューブ次第ですが、Ok。
Primus 97のバーナーヘッドも換装可能です。
今日はココまで、ではまた。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Primus 96やら Radius 21とか 再び [primus stove]



またやってます。
何か最近このStove ばっかりじゃないかとか、
言われそうですが、ご容赦ください。
このブログではこの程度の動画しか投稿できません。
だから、YOUTUBE始める予定です。

ke 001.JPG

さっさと掃除しないと、溜まります。

ke 002.JPG

毎度ブームですが、Primus 96 Radius 21です。

ke 003.JPG

それぞれに必要なパッキンを作ります。

ke 004.JPG

Primus 96のキヤップのゴムパッキンは
外径18mm×内径7mmと外径17mm×内径7mm
の2種類有ります、当然ですが、キャップの仕様が若干
違います。

ke 012.JPG

左側が18mmです。

ke 005.JPG

次はRadius 21の皮カップです、14mmです。
内径は加工します、7mmに広げます。

ke 006.JPG

これをリブュカント?に漬けてから使用します。

ke 009.JPG

次は外しておいたNRVを組みます。
Pipの交換と、バネも交換しました。
バネはNRVのジャンクから適当に使用します。
NRVは部品がそれぞれ再利用出来ますので、
壊れても取って有ります。

ke 010.JPG

まだ掃除中、これは別のPrimus 96です、まだ昨日
到着したばかりです。
きりが無い。
今日はココまで。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Radius 43E Primus 96 Radius 21 [radius stove]

kc 001.JPG

外が余りにも暑くて、全国1位の暑さ、40℃超えた。

kc 002.JPG

掃除したRadius 43Eを組んでます。

kc 003.JPG

ニードルを設置。

kc 004.JPG

色々な道具を使って。

kc 005.JPG

これだけの事。

kc 006.JPG

完成です、アウターキャップを付けて終わり。

kc 007.JPG

ジャンクの43Bをば、何とかしたい。

kc 008.JPG

どうもスピンドルが純正では無くて、しっくりこないので
バラシテます。

kc 011.JPG

昨日来た、Primus 96とRadius 21です。
早速部品単位に分解しています。



早速超音波洗浄してます。
ではまた。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Barkriver knife ダブルシース金具 [camp tools]

ka 001.JPG

過日紹介しましたBarkriver knifeです。
皮製のシースが2本のナイフを収納出来る物です。

ka 002.JPG

この2本のシースを合体させます。

ka 003.JPG

この様にしたい。

ka 004.JPG

それには、この金具が要ります。
この金具はAmbush Leather Sheath Piggyback Kitと云います。
DLT TRADINGで買えます、$7.95です。
KNIFES SHIPFREEでも買えますが、送料が高いです。
わたしはほとんどBarkriverの製品はDLT TRADINGで買ってます。
この金具がヤフオクで9,800円で出品されてました。

ka 005.JPG

簡単な作りですが、Barkriverのシースは最初から
土台の金具を設置して有ります、サイズを合わせて
合体出来ます。

ka 006.JPG

こんな風に合体させます。
ではまた。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

キャンプ用品 流行り物 [camp tools]

k 001.JPG

わたしの最近流行り物はナイフですが、ブッシュクラフト
が出来るナイフと云うことで、Barkriverを買ってます。

k 002.JPG

紐を付けたいので、真田紐を買って付けました。
この紐は幅2分、約4mmです。
真田紐ではこのサイズが最小です。
http://itokumihimoten.com/
伊藤組紐店で買えます。

k 005.JPG

Radius 43Eのヘッド掃除完了です。
このヘッドは予備です、使用する予定はありません。

k 006.JPG

また、唐突ですがスキレットです。
LODGEのWILDLifeシリーズです。

k 008.JPG

8インチです。
最近コツコツとキヤンプ用品買ってます。

k 009.JPG

オキツモの耐火塗料です、200gです。
久し振りにCampingoのケースを塗装したかったのですが、
このサイズの缶はもう売ってません、メーカーは販売中止
しています。
まあ、個人の客なんて、客として見てません。
何リットルも要るか!
だから、Campingoが塗れません、座礁中。
ではまた。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Radius 43E 洗浄 [radius stove]

j 001.JPG

台風が来てます、多分明日から雨でしょう。
さくっと片付けたいので、早速やってます。

j 003.JPG

上がったばかりです、水滴が。
この後バーナー本体を干しました。



ちりりーん

暑いのにご苦労な事です。
ではまた。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Radius 43E ナイフ Barkriver  [radius stove]

h 014.JPG

暑いです、ほんとに。
この暑さが盆過ぎまで続きます。

h 016.JPG

最近またナイフを買ってます。
特に気に入ったのがBarkriverです。
下のモデルがBravo1.25
上のモデルがLittlecrrekです。

h 017.JPG

この皮製Sheathをとんとんすると。

h 018.JPG

ダブル仕様です。
SheathはBravo1.5用です。

h 019.JPG

なんか微妙な。

i 001.JPG

と云う訳で、まったく関係無いですが、Radius43Eです。

i 002.JPG

ドライバーにくるくると包帯巻いてました、
ポンプチューブの中を掃除しています。

i 003.JPG

民生タイプなので五徳が違います。
掃除を開始するにあたり、
タンクとバーナー本体を分離しています。
まず分離するには、バーナー本体からプレヒート
カップを外します。

i 005.JPG

プレヒートカップを外してから、バーナーガードを
外します。
外れたら、タンクとバーナー本体を分離します。
いきなり分離も、作業しにくいですが、一応可能です。

i 008.JPG

分離してから、部品単位に分解します。
主な工具です。
ニップルを外す時にトーチを使いました。

i 009.JPG

タンクとバーナー本体の分離には大型の
レンチとスパナを使います。
暑いので、今日はココまで。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Optimus Campingo no,1 とAxe [optimus stove]

h 001.JPG

最近の酷暑に参ってます。
被災地の方を思えば大した事はありません。
でも、昨今の気象は過去の経験が役に立ちません。

h 002.JPG

くどい画像ですが、Campingoにサビ変換スプレー
を吹きました、大したサビではありません。

h 011.JPG

五徳です、このCampingoの五徳はてっきり真鍮製
だと思ってましたが、汚れを取った結果は鉄製でした。

h 012.JPG

これもくどい画像です、本当はケースに塗料を塗ろう
と思いましたが、生憎グリーンの塗料を切らしてました。
また、後日に。

h 003.JPG

荷物です、簡易包装で到着しました。
かなり重たいです。

h 004.JPG

Gransfors Bruksの Outdoor Axe です。
イギリスのショップから買いました、送料込みで16,000円でした。
国内の販売価格は22,000円ほどです。

h 005.JPG

この Outdoor Axe がキャンプでは人気のサイズです。

h 006.JPG

このメーカーは職人の誰が作ったかイニシャル
を刻印しています。
このAxeはEBです。

h 009.JPG

EBはErik Blixtさんです。

h 007.JPG

メーカーの刻印です。

h 008.JPG

皮製ホルダーのボタンも秀逸です。

h 010.JPG

このメーカーを紹介した説明書が付いてます。
国内代理店物は日本語の説明書です。

わたしが買ったAxeはこのショップの焼印が押されています。
なぜAxeを買ったかは、また後日紹介します。
ではまた。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Optimus Campingo no,1 Puukko Knife [camp tools]

f 016.JPG

梅雨明けになって、いよいよ暑さも本番です。
モーラ・ナイフ Morakniv Eldris Neck Knife Kit Aubergine【2018 Limited Edition】
とOPINEL のno,8です。
最近またKnifeを買いました。

g 005.JPG

下側の2本はTerävä Jääkäripuukko の140です。
カーボンスチールです、北欧のナイフはPuukkoと呼ばれてます。
所謂ブッシュクラフトナイフです。
フィンランドの店で買いました、最強のブッシュクラフトナイフと云われてます。

g 012.JPG

Stoveに戻ります、Optimus Campingo no,1です。

g 011.JPG

鋼鉄製のケースです、大変重いです。

g 014.JPG

大体が錆びています。

g 006.JPG

タンクです、これから掃除を開始します。

g 009.JPG

小さい部品は掃除完了しています。

g 007.JPG

タンクとタンクガードも終わりました。
磨きは最後です。

g 010.JPG

この五徳はそんなにダメージが無いので、
どうするか思案中です。
今日はココまで、
ではまた。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Primus 210 Radius 21 民生と軍用 真鍮とメッキ仕様 [primus stove]

f 001.JPG

先週磨いていた、Radius 21です。
Ltdモデルなのでタンクにシューティングスターの
刻印はありません。

f 002.JPG

小さいニップルを取り付けてます。

f 003.JPG

ニードルないので、磨けばすぐ完了です。

f 004.JPG

タンクの刻印です、Ltdモデル。

f 005.JPG

お馴染みのケースですが、後期の物です。
前期のケースは珠に見掛けますが、レアです。
大体焼け焦げてます。
以前の記事であげたかな。

f 006.JPG

今度はこのPrimus 210の軍用ケース。

f 007.JPG

メッキ仕様です。

f 008.JPG

この前はPrimus 96 の軍用ケースメッキ仕様でした。
内側の仕切り版はサビてました。
黒サビ変換スプレーを塗布しています。

f 009.JPG

最後はPrimus 210の民生真鍮です。

f 010.JPG

このタイプのケースが一番小さくて可愛いです。

f 011.JPG

ケースの中はサビも少ない。

f 012.JPG

本体はほとんど磨いてません。
多少曇りを取った程度です。
大事にされていた個体です。
今日はココまで。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -