So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Phoebus 625 メンテ① [phoebus stove]

Svea Campus No,4 再メンテナンスも中途半端な状態です。
にもかかわらず、Phoebus 625のメンテナンスというか、分解をしています。
3年越しのメンテナンスです。

01.JPG

Phoebus 625は見ただけで面倒と感じていました。
Phoebus 225のメンテナンスをしていた時には既に入手していました。

02.JPG

なんとなく、またまたヤル気の問題でした。

03.JPG

この貫禄、使用感にメンテナンスを開始する気分がなかなか起きませんでした。

04.JPG

Phoebus 625はタンクの窪みを使ってプレヒートを行いますので、
当然汚れます、それが塗装をダメにします。それがイヤな理由の一つ。

09.JPG

炙って

010.JPG

固定して

011.JPG

ハンマーパンチ

06.JPG

大概、固着しています、それがイヤな理由の二つ目。

07.JPG

煤汚れ

08.JPG

この塗装はハンマーペイントです、これがPhoebus 225や525の様な
オリジナルか?それが問題です、セラーはオリジナルだと言いましたが。

012.JPG

この後薬浴、超音波洗浄。

013.JPG

問題はこれからです、Phoebus 625のスピンドルやスタフィンボックスは固着度大。

015.JPG

また炙って

014.JPG

10mmのT字レンチでまずスタフィンボックスを抜きました。

016.JPG

SOTOの小型バーナーです。

017.JPG

一度抜いたボックスを再び嵌め、スピンドルとの間にワッシャーを設置
します、スピンドルのホールに釘を刺し、レンチでボックスを解除します。
その反動で固着しているスピンドルを抜こうという算段です。

018.JPG

これが全く旨く行きません、予想以上の固着です。
炙ってはCRCを掛け、GPを掻き出しては炙りの連続一時間。

019.JPG

分解は終了。

020.JPG

何回目かの洗浄

022.JPG

汚れが

023.JPG

ドロドロの部品が少しはマシになりました。

ペイントがオリジナルかリペイントか判断が付かない理由は後日。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 2

HO

625にハンマーペイントが有るとは知りませんでした
by HO (2018-03-20 21:42) 

piemay

コメントありがとうございます、塗装の質が225や525と全く同様ですので、恐らくオリジナルです。コントロールノブもchampionの物でした。
by piemay (2018-04-01 14:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0